PR

VMware vCenter CapacityIQの標準機能[2]

2011年9月28日(水)
沢田 礼子

[5]シナリオの結合(Combine)

同じクラスタに対して作成したシナリオを結合(Combine)することで、1つのシミュレーションにすることが可能です。例えば、「仮想マシンを追加するシナリオ」+「ESX/ESXiホストを追加するシナリオ」 = 「ESX/ESXiホストをxx台追加した場合に、あと仮想マシンを何台追加できるかのシミュレーション」を作成することが可能です。

[5-1][View]タブを選択して[Virtual Machine Capacity - Trend]のWhat-ifシナリオ画面を開きます。画面右の[What-if scenarios]欄でドロップダウンリストから[Combine]を選択すると、現在作成されているシナリオ同士を結合します。ここで結合するシナリオは、「Add 5 New VMs」と「Hardware Change #4」です。

図5-1:シナリオを結合(クリックで拡大)

[5-2]シナリオが結合されたことを確認します。この例では、結合したシナリオを適用することによって、リソースがなくなるポイントが2日間ほど先に延ばされます。

図5-2:シナリオ結合による結果の確認(クリックで拡大)

[6]シナリオの削除

[View]タブ画面では、以下のようにシナリオを簡単に削除することができます。

[6-1]削除したいシナリオの右側にある[x]アイコンをクリックします。

図6-1:[x]アイコンをクリック(クリックで拡大)

[6-2][Delete Scenario]ウィンドウがポップアップされるので、[Yes]をクリックします。

図6-2:シナリオの削除を確認
株式会社ネットワールド

株式会社ネットワールド所属。VMware製品のプリセールスや仮想化インフラ構築に従事するとともに、VMwareプロダクトのトレーナーを担当。
国外の医学部を卒業後に医師を目指すも、紆余曲折の後IT業界に身を投じる。某大手クライアントのカスタマーサポートセンター、Windows系インフラ構築プロジェクト、Webアプリケーション系運用構築などを経てネットワールド社に入社。趣味は「自宅で仮想化」「三味線」「ネイルアート」など。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています