PR

ネイティブアプリで作る?Webアプリで作る?

2012年5月22日(火)
安田 陽

1. Walled Gardenからの脱却

筆者は2010年以降、シリコンバレーに数ヶ月単位で滞在しながらスマートフォン周りの最新動向を追いかけているのですが、2011年あたりからモバイルデベロッパーによる「Walled Gardenから自由になろう」という動きが強まってきたように思います。

Walled Gardenというのは直訳すると「塀で囲われた庭」ですが、ここではサービス事業者によるクローズドなアプリケーション開発・提供環境のことを指しています。具体的には、例えばiPhone/iPad向けアプリケーションを開発・提供する場合、デベロッパーはApple社独自の開発言語「Objective-C」を習得してアプリを開発し、App Storeの審査に通って初めてリリースとなりますが、販売は同社のApp Store上で行うことが義務づけられています。また、App Storeでの販売額のうち30%はAppleに支払われ、デベロッパーの手元に振り込まれるのは70%のみとなります。

今、このような環境からの脱却を模索するデベロッパーが大きな期待を寄せているのが、HTML5やJavaScriptなどのオープンなWebの技術を使ったアプリケーション開発・提供環境です。例えば昨年9月にサンフランシスコで開催されたカンファレンス「HTML5 Developer Conference」には、1,200人のデベロッパーが参加しました。HTML5やJavaScriptが大きく注目されていることがわかります。

図1:HTML5 Developer ConferenceのWebサイト (http://html5devconf.com/)。今年は5月21日に開催。
株式会社レキサス

2000年にレキサス入社後、開発部、営業部、社長室を経て現在マーケティングチームに所属。2009年2月にリリースした音楽系iPhoneアプリがランキング2位に。現在は沖縄と東京、シリコンバレーを行き来しながら新ネタを日々妄想中。
ツイッターはこちら > @yoyasuda

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

ネイティブアプリで作る?Webアプリで作る? | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。