PR

PHPとMySQLが利用できるWebサイトを、Windows Azureを使って手軽に作ってみよう

2012年9月5日(水)
浅見 城輝

Gitによるファイルの更新方法

Gitを利用してファイルを更新するためには、Gitクライアントが必要になります。Gitのサイトで配布されているものなど、お好みのものをご利用ください。
→ Gitクライアントのダウンロード

ここではgitコマンドによる方法を紹介しますが、利用しているGitクライアントに応じて適宜読み替えてください。

まずGitリポジトリを作成します。

作成したWebサイトのインストール直後のページかDASHBOARDで[Set up Git publishing]をクリックします。

画面07:[Set up Git publishing]をクリック(クリックで拡大)

ユーザー名とパスワードを入力します。

画面08:ユーザー名とパスワードの入力(クリックで拡大)

少々の時間の後に、Gitリポジトリが作成されます。

画面09:Gitリポジトリが作成される(クリックで拡大)

これで、Gitでファイルを更新する準備が整いました。

ここからはローカルPCでファイルを作成し、Webサイトを更新していきます。

PHPプロジェクトのディレクトリとファイルを作成します。

$ mkdir demo
$ cd demo
$ echo "<?php phpinfo(); ?>" > phpinfo.php

ローカルのリポジトリを初期化します。

$ git init

ファイルをリポジトリに追加しコミットします。

$ git add . ← カレントディレクトリの全てのファイルを追加
$ git commit -m "demo" ← 「demo」というコメント付きでコミット

リモートリポジトリを登録します。

$ git remote add azure https://pnopasami@thinkit-mysql.scm.azurewebsites.net/thinkit-mysql.git

この例での「azure」は、リモートリポジトリの任意のエイリアス名、https://pnop~/thinkit-mysql.gitは、画面10のGIT URLの値です。

画面10:リモートリポジトリを登録の際のGIT URLの値(赤枠内)(クリックで拡大)

登録したリモートリポジトリのmasterにプッシュします。

$ git push azure master

ここでパスワードを聞かれますが、先ほど「Set up Git publishing」で登録したパスワードを入力します。

プッシュが完了すると履歴が表示されるようになります。

画面11:プッシュが完了して履歴が表示されたところ(クリックで拡大)

今後のファイル更新は、一般的なGitの利用方法に従いgit addやgit commitをして、git pushすることでWebサイトに反映されます。

株式会社pnop

ネットワーク機器メーカーでの情報システム、DB管理パッケージベンダでのコンサルタント、フリーランスを経て、株式会社pnop(http://www.pnop.co.jp/)代表取締役。
クラウドやデータベースのコンサルティングを中心にWebシステムの構築やWindows 8、KINECT開発なども行う。最近は、Windows AzureでPHPやLinuxなどの非マイクロソフトなテクノロジを利用してサービスを動かすことに喜びを感じる日々。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています