PR

ミニ四駆のボディを加工して夢のマシンを仕上げよう!

2013年4月16日(火)
藤原 敬弘

エアロアバンテの肉抜き

次の箇所を肉抜きします。

肉抜きを行う個所(クリックで拡大)

フロントの窓、サイドのカバーの順に肉抜きしていきます。

フロントの窓の肉抜き

まず、フロントの窓の部分を肉抜きします。

まずはフロントの窓から加工する(クリックで拡大)

ピンバイスを使って、窓の部分に沿って穴を開けていきます。この穴の間隔が長すぎると、後で失敗するので注意が必要です。

ピンバイスで肉抜きするラインにそって穴を開けていく(クリックで拡大)

全ての穴が空いたら、ニッパーで穴同士をつなげます。こうすると、フロントの窓を取り外すことができます。

開けた穴をつなげるようにニッパーで切っていく(クリックで拡大)

サイドのカバーの肉抜き

フロントの窓を取り外すことができたら、次はサイドのカバーを取り外します。

サイドのカバー部分(クリックで拡大)

先ほどと同様にピンバイスを使って、サイドのカバーに沿って穴を開けていきます。

フロントの窓と同じようにピンバイスで穴を開ける(クリックで拡大)

途中にフロントのウィングがあるので、次のようにニッパーで切り取り、取り外します。

フロントウィングの一部も写真を参考に切り取る(クリックで拡大)

フロントの窓と同じように、ニッパーで穴同士をつなげます。そうするとサイドのカバーが取り外せます。この作業を両サイドに対して行えば、作業は完了です。

肉抜き後のボディをきれいに仕上げる

このままでは格好悪いので、ヤスリで仕上げます。ピンバイスの穴で凸凹した部分をヤスリで削ります。

ピンバイスの穴の跡をヤスリで削ってきれいに仕上げる(クリックで拡大)

これでボディは完成です。

FULLER株式会社

1986年生まれ。北海道苫小牧市出身。苫小牧工業高等専門学校卒業。
Fuller, Inc. CTO
Webプログラマ、よく利用する言語はPython。Pythonコミュニティによく出没する。
趣味でArduinoやRaspberry Piなどを使って、便利なものを自作する。

twitter: @wutali / github: https://github.com/wutali

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています