PR

Leap Motionのスクリーン・タップを使った音声の再生と画像の表示

2013年10月18日(金)
薬師寺 国安

クラスの作成(LeapListener.vb)

次に、第1回でSwipeDirection.vbを作成した方法で、LeapListener.vbクラスを作成しますが、第1回のサンプルと同じコードが含まれているので第1回のLeapListener.vbクラスを使用します。

ソリューション・エクスプローラー内で、gunLeapMotionプロジェクトを選択し、マウスの右クリックで表示されるメニューから、[追加]−[既存の項目]と選択して、第1回で作成しておいたLeapListener.vbを取り込みます。

以下、第1回のサンプルのLeapListener.vbと異なる点のみ解説します。

(1)OnConnectコールバックメソッド内で、GestureTypeにTYPESCREENTAPを指定します。
それ以外のコードは、今回は不要ですので、削除してください。
(2)OnFrameコールバックメソッド内で、GestureType.TYPESWIPEの個所を、GestureType.TYPESCREENTAPに変更します。
(3)If (swipe.Direction.y > 0) ThenからEnd Ifまでを削除し「 Dim myScreenTouch As New ScreenTapGesture(gst)」、「ScreenTapAction(fingers, ScreenTapDirection.ScreenTap)」を記述します。
(4)デリゲートのコードを「Public Delegate Sub ScreenTapEvent(ByVal sd As ScreenTapDirection)」と記述します。
(5)「Public Event LeapSwipe As SwipeEvent」の部分を「Public Event LeapTap As ScreenTapEvent」に書き換えます。
(6)「ScreenTapAction」メソッド内の「Case SwipeDirection.Up」の部分を「Case ScreenTapDirection.ScreenTap」に書き換えます。
(7)「RaiseEvent LeapSwipe(SwipeDirection.Up)」の部分を「 RaiseEvent LeapTap(ScreenTapDirection.ScreenTap)」に書き換えます。

上記の変更を行った後、リスト3のコードを作成します。

LeapListener.vbのプログラム・コード

リスト3 (LeapListener.vb)

・・・・コード略・・・・
  Public Overrides Sub OnFrame(ctlr As Controller)
    ・・・・コード略・・・・
  If (Not fingers.IsEmpty) Then
              Dim gestures As GestureList = currentFrame.Gestures
              For Each gst As Gesture In gestures
            ' GestureTypeがTYPESCREENTAPであった場合は、
            ' ScreenTapActionメソッドを実行する。
                  If gst.Type = Gesture.GestureType.TYPESCREENTAP Then
                    Dim myScreenTouch As New ScreenTapGesture(gst)
                    ScreenTapAction(fingers, ScreenTapDirection.ScreenTap)
                  End If
              Next
            End If
    ・・・・コード略・・・・
 End Sub

' ScreenTapEventデリゲート経由で、LeapTapメソッドを呼び出す。
Public Delegate Sub ScreenTapEvent(ByVal sd As ScreenTapDirection)
Public Event LeapTap As ScreenTapEvent

' GestureTypeがTYPESCREENTAPであった場合のScreenTapActionメソッドの処理。
Private Sub ScreenTapAction(ByVal fingers As FingerList, ByVal sd As ScreenTapDirection)
    fingersCount = fingers.Count
    If (fingersCount = 1) Then' ディスプレイに表示される指が1本であった場合
  
      Select Case sd
        Case ScreenTapDirection.ScreenTap
          ' RaiseEventでLeapTapイベントを発生させる。
          RaiseEvent LeapTap(ScreenTapDirection.ScreenTap)
          Exit Select
      End Select
    End If
  End Sub

クラスの作成(gunModel.vb)

第1回のサンプルでSwipeDirection.vbを作成した方法で、gunModel.vbクラスを作成します。

第1回の「UpDownModel.vb」と同じコードが多いので異なる個所のみ解説します。

(1)ワーカースレッドからUIスレッドに処理を任せるために、「Private dispatcher = Application.Current.Dispatcher」メンバー変数を宣言します。
(2)「Private windowWidth As Double = 1920」と「Private windowHeight As Double = 1080」メンバー変数を宣言します。
(3)デジタイザーとスタイラスから収集された単一のデータ・ポイントを表すStylusPoint構造体の「Private touchPoint As StylusPoint」を宣言します。
(4)「Private tx As Double」と「Private ty As Double」メンバー変数を宣言します。
(5)Imageクラス型の「Private myImage As Image」メンバー変数を宣言します。
(6)MediaElementクラス型の「Private myMedia As MediaElement」メンバー変数を宣言します。
(7)Public Sub New内に「AddHandler listener.LeapTap, AddressOf ScreenTapAction」を追加します。

上記の変更を行った後、リスト4のコードを作成します。

gunModel.vbのプログラム・コード

リスト4 (gunModel.vb)

・・・・コード略・・・・
Public Class gunModel
  Implements INotifyPropertyChanged
' 各メンバー変数の宣言
  Private leap As New Controller
  Private ctlr As Controller
  Private listener As LeapListener
  Private dispatcher = Application.Current.Dispatcher
  Private windowWidth As Double = 1920
  Private windowHeight As Double = 1080
  Private touchPoint As StylusPoint
  Private tx As Double
  Private ty As Double
  Private myImage As Image
  Private myMedia As MediaElement

' Newメソッド内で、AddHandlerステートメントに、listenerオブジェクトのLeapTap
'イベントに、ScreenTapActionベント・ハンドラ—を追加する。
  Public Sub New()
  ・・・コード略・・・
    AddHandler listener.LeapTap, AddressOf ScreenTapAction
  End Sub
・・・・コード略・・・・
  • Leap Motionのスクリーン・タップで音声再生と画像を表示するプログラム

薬師寺国安事務所

薬師寺国安事務所代表。Visual Basic プログラミングと、マイクロソフト系の技術をテーマとした、書籍や記事の執筆を行う。
1950年生まれ。事務系のサラリーマンだった40歳から趣味でプログラミングを始め、1996年より独学でActiveXに取り組む。1997年に薬師寺聖とコラボレーション・ユニット PROJECT KySS を結成。2003年よりフリーになり、PROJECT KySS の活動に本格的に参加、.NETやRIAに関する書籍や記事を多数執筆する傍ら、受託案件のプログラミングも手掛ける。Windows Phoneアプリ開発を経て、現在はWindows ストア アプリを多数公開中

Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。Microsoft MVP for Development Platforms - Windows Phone Development(Oct 2012-Sep 2013)。Microsoft MVP for Development Platforms - Client Development(Oct 2013-Sep 2014)。Microsoft MVP for Development Platforms-Windows Platform Development (Oct 2014-Sep 2015)。

連載バックナンバー

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る

他にもこの記事が読まれています