PR
連載 :
  

日本人エンジニアが働きやすい国、インドネシアでの起業を考える(後編)

2014年5月2日(金)
西牧 八千代吉政 忠志

WordPressが本格的に普及を始めているインドネシア

前回の記事に続き、3月24日から26日の期間、インドネシアで参加したセミナーと現地の様子をレポートします。後編では、インドネシアのWordPress事情に絡めて、「Jakarta WordPress Meetup」についてご紹介します。

全世界のWebサイトの20%、全CMSサイトの60%でWordPressが稼働するようになりました。多くのエンジニアが肌で感じていらっしゃると思いますが、日本ではWordPressが圧倒的なCMSシェアを持つようになっています。インドネシアでも少し前まではJoomlaがシェアを持っていましたが、急速にシェアを落とし、現在では、WordPressが大半を占めるようになりました。

インドネシアでWordPressが普及した理由は、WordPressがOSSであり、誰でも簡単に入手し、お金をかけずに独学で学べることや、簡単に構築できるためです。また単なるブログ用途だけでなく、ECサイトなどを含めたWebサイト全般のシステム構築に適用できるようになったため、さらに普及が加速しています。OSSのCMSには、WordPress以外にもJoomlaやDrupalなどもありますが、WordPressと比べると習得が難しく、結局一部の技術者しか使用しないようになったそうです。これは日本とほぼ同じ状況だといえそうです。

プライム・ストラテジー・インドネシア/ブディ・イラワン氏

WordPressによる法人向けWebインテグレーションサービス実績を豊富に持つプライム・ストラテジー。そのインドネシア法人である、プライム・ストラテジー・インドネシアで開発部のリーダーを務めるブディ・イラワン氏も「WordPressは構成がシンプルで勉強しやすいので、入門者にもお勧めできます。WordPressは易しいCMSですが、インドネシアでもBank Negara Indonesia(BNI)やMicrosoft、Adobe Systems、JTBアジアパシフィックなどの大規模システムの実績がある通り、かなり高度なシステムも構築できます。とても面白いソリューションですので、まずは触ってみてほしいです。触ってみることでWordPressの良さがわかると思います。」とコメントしています。

では、インドネシア市場でも中心的なCMSとなっているWordPressの動向について市場データを踏まえて、解説していきます。インドネシアに渡航してCMSでビジネスをすることを考えている方は是非ご参考ください。ご存知の方も多いと思いますが、WordPressが提供するサービスには大きく分けて2つあります。WordPress.com(レンタルブログ)とWordPress.org(ブログ・CMSソフトウェア)です。

前者は一般ユーザー向け、後者は主に制作者やヘビーユーザー向けといえます。「WordPressのシェア」という場合、厳密にはどちらのサービスについての話なのかによって結論が異なってきます。

※参考:「WordPress.comとWordPress.orgの違い

WordPress.com(レンタルブログ)の動向

インドネシアにおいて、WordPress.comはかなり人気があり、多くの人が利用しています。実際、WordPress.comはインドネシアで8番目に人気のあるサイトだったりします。全世界におけるWordPress.comの国別利用者数を見ても、インドネシア人の割合がもっとも多いです。
120言語以上のブログからなるWordPress.com で一番多く使われているのは英語で、60%を占めています。但し、最近は、インドネシア語、ドイツ語、フランス語、トルコ語など英語以外の言語圏で高い成長率が確認されています。

人気の理由として、用途が明確なものを好むインドネシア人の気質に会っていることがあげられると思います。レンタルブログのような、手軽で用途が明確なものが好まれているのでしょう。レンタルブログのインフラとしてはWordPressが構築・メンテナンスの容易さ、OSSであるが故のコストメリットなどで軍配が上がっているようです。

WordPress.org(ブログ・CMSソフトウェア)の動向

ご存知の方も多いと思いますが、全世界におけるCMSのマーケットシェアの一位はWordPressで、60%以上のシェアを持っています。

※参考:「Market share trends for content management systems for websites

インドネシアにおけるWordPressのCMSマーケットシェアは以下の「Googleトレンド」にある通り、マーケットシェア上位はWordPress、Joomla、Drupalです。ただ、このグラフには「WordPress.com」も含まれているため、正確ではないです。現地のエンジニアにヒアリングした感覚では、Joomlaは過去のものになりつつあり、現在伸びているのはWordPressだそうです。

プライム・ストラテジー株式会社 取締役
プライム・ストラテジー株式会社マーケティングおよび海外事業担当取締役。著書『WordPressの教科書』シリーズは累計3万部突破、2012年度CPU大賞(書籍部門)受賞、Amazon総合ランキング1位、Amazonトップカテゴリ「コンピュータ・IT」1位などを獲得。2005年よりインドネシア・ジャカルタに赴任し現地でIT企業を運営。早稲田大学第一文学部日本文学専修、同大学大学院修士課程修了。
吉政創成株式会社 代表取締役

IT業界のマーケティング分野で20年近い経験を持つマーケッター。株式会社トゥービーソフトジャパンをはじめとするベンチャー企業から大手企業まで幅広くマーケティング支援を行う。現在はマーケティングアウトソーシング会社である吉政創成株式会社の代表取締役を務めつつ、PHP技術者認定機構 理事長、Rails技術者認定試験運営委員会 委員長、ビジネスOSSコンソーシアム・ジャパン 理事長も兼任。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています