PR

HA機能搭載のOpenStack、SUSE Cloudで商用SDNに対抗

2014年8月1日(金)
Think IT編集部

ノベル株式会社は7月15日、同社の注力製品であるSUSE Cloudの今後の取り組みについて、OpenStackの最新動向を交えながら説明会を実施した。

冒頭、日本仮想化技術株式会社の玉置 伸行氏がゲスト登壇し、今年5月に開催されたOpenStack Summit 2014 Atlantaの報告を行った。

図1:日本仮想化技術株式会社の玉置氏

OpenStack SummitはOpenStackの開発者が今後のロードマップを語ったり、ビジネスのトレンドをキャッチアップするための重要な会議。年に2回開催されており、2013年11月に香港、2014年5月にアトランタ、次回は11月にパリで開催が予定されている。

有料のイベントにもかかわらず参加者数は4,700名に増加。また、OpenStackの人気を裏付けるデータとして米国でのエンジニアの求人数が1年間で3倍に増加している点も紹介された。

OpenStackはいわゆるIaaSの部分を主に担当するソフトウェアだが「ベンダーの開発競争によって機能拡張が上下のレイヤーに及んでいる」と玉置氏は指摘する。上位レイヤーはLightPaaSと呼ばれる分野、特徴的なものではプロビジョニングツールを挙げた。OSSでよく使用されているChef, Puppet, Ansibleといったものをディストリビューション側で提供しはじめている、SUSEでいうCrowbarがそれにあたるという。

図2:OpenStackのカバー領域が青いIaaS分野から徐々に広がっている

下位レイヤーでは、同社も開発に携わっているベアメタルOpenStackを紹介。従来のOpenStackの仮想環境を、ベアメタル(物理マシン)でも使用可能にする取り組みで、国内の事業者、特にテレコム関係の顧客のニーズが高いのだという。

OpenStackへの取り組みを強化

続いて、今後のSUSEの狙いとOpenStack市場での取り組みをノベル株式会社代表取締役社長の河合 哲也氏とSUSE事業部 テクニカルセールスマネージャーの村川 了氏が解説した。

図3:ノベル株式会社の河合氏

Linuxは今では企業のミッションクリティカルな分野、高パフォーマンスが要求されるHPCの分野などでも活用が進んでいる。そういったハイエンドLinux市場で、SUSEは高いシェアを獲得している。例えば三菱東京UFJ銀行のSOAの基盤にも活用されている。

OpenStackへの取り組みとして、SUSEは8社しかいないプラチナムメンバーに名を連ねており、チェアマンを務めるAlan Clark氏はSUSEの社員でもある。商用のOpenStackディストリビューションである「SUSE Cloud」を提供している。

エンタープライズ分野での普及のためには、HA機能、オペレーションの容易化、複数ハイパーバイザのサポート、アップデートツールの提供が必要だと力を込めた。特に、OpenStackでネットワークノードを含めたHA機能を提供することで「商用SDN(Software-Defined Network)はいならいのではないか」と問題を提起した。

図4:SUSE事業部の村川氏

続く村川氏は、「(前バージョンの)SUSE Cloud 2のリリースで商用SDNベンダーと提携して製品化する予定だったが、Linuxディストリビューションとの組み合わせとしては高価だった」と、自社でHA機能を搭載した背景を語った。

SDNを使うことでネットワーク構成がシンプルになり、顧客向けのカスタマイズが容易になる。データセンター内での使用を想定した構成が可能。

これまでのOpenStackでは障害対策が十分に施されておらず、現実的な解決策は提供されていない。高可用性を担保するためにハードウェアを実装するなど策を講じてきた。

HA機能を実装したSUSE Cloud 3で高価なSDNに変わるものを提供したい、OpenStackの新バージョンであるIceHouseに対応したSUSE Cloud 4の提供も近日計画中と意気込みを語った。

図5:サーバー障害時に自動で切り替わる

“オープンソース技術の実践活用メディア” をスローガンに、インプレスグループが運営するエンジニアのための技術解説サイト。開発の現場で役立つノウハウ記事を毎日公開しています。

2004年の開設当初からOSS(オープンソースソフトウェア)に着目、近年は特にクラウドを取り巻く技術動向に注力し、ビジネスシーンでOSSを有効活用するための情報発信を続けています。OSSに特化したビジネスセミナーの開催や、Think IT BooksシリーズでのWeb連載記事の電子書籍化など、Webサイトにとどまらない統合的なメディア展開に挑戦しています。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています