PR

Kinect for Windows v2における概要と開発環境

2014年9月4日(木)
薬師寺 国安

2014年07月15日、世界各地のMicrosoft Storeで「Kinect for Windows v2 センサー (オープン ベータ)」が発売されました。もちろん日本のMicrosoft Storeでも発売が開始されました。

当初、日本のMicrosoft Storeでは発売日が「Coming Soon」とだけ表示され、いつの発売になるのかまったく情報がありませんでした。それが、発売日前日の2014年07月14日に、下記のサイトで突然、7月15日の発売が発表されました。

The Official Microsoft Japan Blog(マイクロソフト公式ブログ)
http://blogs.technet.com/b/microsoft_japan_corporate_blog/archive/2014/07/14/kinect-for-windows-v2-7-15.aspx

Kinect for Windows v2を待ち望んでいた筆者は7月15日の午前1時にすぐに予約し、7月16日には現物を入手しました。現在Kinect for Windows v2は、下記のURLより購入できます。注文すると2~4営業日で手元に届くようです。

Kinect for Windows v2 センサー (オープン ベータ) の購入 - Microsoft Store Japan オンライン ストア
http://www.microsoftstore.com/store/msjp/ja_JP/pdp/productID.298959900

図1: 日本のMicrosoft Storeでの「Kinect for Windows v2 センサー (オープン ベータ)」のオーダー画面(クリックで拡大)

価格は税込みの21,578円です。発売当初は数量限定販売と報道されていたようですが、原稿執筆時点では、まだ在庫があるようです。「Kinect for Windows v2 センサー (オープン ベータ)」の「オープンベータ」という表記は、Kinect for Windows v2(以下Kinect v2)センサー本体そのものが「オープンベータ」という意味ではなく、提供されているKinectv2のSDKが、現状ではパブリック プレビュー版であるため、このような表記になっているものと思われます。

Kinect for Windows SDK 2.0 Public Previewのダウンロード

「Kinect for Windows SDK 2.0 Public Preview」は下記のURLよりダウンロードが可能です(図2)。

Download Kinect for Windows SDK 2.0 Public Preview from Official Microsoft Download Center
http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=43661

図2: Kinect for Windows SDK 2.0 Public Preview」のダウンロード画面。提供されるのは英語版のみとなる。(クリックで拡大)

インストール時の注意点

SDKをダウンロードしてインストールする場合、先にKinect v2をPCと接続していてはならないので、注意が必要です。SDKをインストール後に、Kinect v2を接続します。すると自動的にデバイスのインストールが開始されます。

後ほど解説しますが、Kinect v2を接続できるPCのUSBポートは「3.0」に限られます。しかも正式にサポートされているUSBコントローラーは「Intel」と「Renesas(ルネサス)」のものだけです。これ以外では、たとえUSB 3.0のポートであってもKinect v2が動作しない可能性があるので、注意が必要です。

SDKをインストールすると、「Kinect for Windows Developer Toolkit v2.0.0(以後、Toolkit)」も一緒にインストールされます。Kinect v1の時は、別個にインストールするようになっていましたが、今回はまだPublic Preview版であるため、SDKの中に一緒に含まれています。正式版では、別個に分けられる可能性があるようです。

このToolkitにはいろいろなサンプルが収録されています。後ほど紹介していきます。

薬師寺国安事務所

薬師寺国安事務所代表。Visual Basic プログラミングと、マイクロソフト系の技術をテーマとした、書籍や記事の執筆を行う。
1950年生まれ。事務系のサラリーマンだった40歳から趣味でプログラミングを始め、1996年より独学でActiveXに取り組む。1997年に薬師寺聖とコラボレーション・ユニット PROJECT KySS を結成。2003年よりフリーになり、PROJECT KySS の活動に本格的に参加、.NETやRIAに関する書籍や記事を多数執筆する傍ら、受託案件のプログラミングも手掛ける。Windows Phoneアプリ開発を経て、現在はWindows ストア アプリを多数公開中

Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。Microsoft MVP for Development Platforms - Windows Phone Development(Oct 2012-Sep 2013)。Microsoft MVP for Development Platforms - Client Development(Oct 2013-Sep 2014)。Microsoft MVP for Development Platforms-Windows Platform Development (Oct 2014-Sep 2015)。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています