PR

Kinect v2のIRセンサーから赤外線画像を読み込む

2014年9月24日(水)
薬師寺 国安

「赤外線画像の取り込み」とは、Kinect v2センサーの「IRセンサー」からの画像取り込みを指します。赤外線画像ですから、真っ暗闇の中でも物体を認識して取り込めます。v2になって、認識精度も高まり、鮮明な赤外線画像を得られるようになりました。この機能を利用すれば、防犯システムの構築も可能ではないかと思います。

連載の第2回から第4回では、「Color画像」、「Depth画像」、「赤外線画像」などKinect v2で取得した画像の取り込みといった、ごく基本的なサンプルを解説しています。ここまで読んでこられた読者の皆様にはお分かりだと思いますが、各画像の取り込み方法はほとんど定型化されています。つまり、ColorFrameReaderやDepthFrameReaderやInfraredFrameReaderを使って、OpenReaderメソッドで各フレームを開いて、それぞれの処理を行うことになります。イベントも、今回の連載では各フレームのFrameArrivedイベントにイベントハンドラを記述して、フレームが到着したら用意していた配列にコピーし、WriteableBitmapのWritePixelsでビットマップ内の領域を更新することになります。
この一連の流れで、各画像を取り込み表示することができます。このことを念頭において今回の「赤外線画像の取り込み」を読むと、理解し易くなるのではないかと思います。

今回は、この「赤外線画像の取り込み」方法を解説します。まずはプロジェクトからの作成です。

プロジェクトの作成

VS 2013のメニューから[ファイル]ー[新規作成]ー[プロジェクト]と選択します。次に、「テンプレート」から「Visual Basic」を選択し、右に表示される項目名から「WPF アプリケーション」を選択します。「名前」に任意のプロジェクト名を指定します。今回は「InfraredBasics_Sample」という名前を付けています。

コントロールの配置

デザイン画面上にツールボックスからImageコントロールを1個配置し、「名前(x:Name)」に「Image1」と指定しておきます。
レイアウトは図1のようになります。

図1: デザイン画面上にImageコントロールだけを配置している(クリックで拡大)

編集し、書き出されたXAMLコードはリスト1のようになります。

リスト1 編集し、書き出されたXAMLコード(MainWindow.xaml)

<Window x:Class="MainWindow"
    xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
    xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
    Title="MainWindow" Height="600" Width="800">   (1)
    <Grid>
        <Image x:Name="Image1"  />   (2)
    </Grid>
</Window>
  1. Window要素のHeightプロパティに「600」、Widthプロパティに「800」と指定しておきます。
  2. 名前がImage1というImageコントロールを配置しています。

参照設定

ソリューションエクスプローラー内の「参照設定」に、Microsoft.Kinect.dllを追加する必要があります。この手順については第1回で解説していますので、そちらを参照してください。

ロジックコードを記述する

次に、ソリューションエクスプローラー内のMainWindow.xamlを展開して表示される、MainWindow.xaml.vbをダブルクリックしてリスト2のコードを記述します。

リスト2 名前空間のインポートとメンバー変数の宣言(MainWindow.xaml.vbの一部)

Imports Microsoft.Kinect   (1)
Class MainWindow
    Private myKinectSensor As KinectSensor   (2)
    Private Const myBytesPerPixel As Integer = 2   (3)
    Private myInfraredFrameReader As InfraredFrameReader   (4)
    Private myInfraredDescription As FrameDescription   (5)
    Private myInfraredBitmap As WriteableBitmap   (6)
  1. Kinectの使用を可能にするために、Microsoft.Kinect名前空間をインポートします。続いて、メンバー変数を宣言します。
  2. Kinectセンサーを表すクラスであるKinectSensor型のメンバー変数myKinectSensorを宣言します。
  3. Integer型の定数メンバー変数myBytesPerPixelを宣言し、「2」で初期化しておきます。これはグレースケールの画像のデータサイズ(16ビット)をバイトで表したものです(16÷8=2)。
  4. 赤外線フレームのリーダーを表わすInfraredFrameReaderクラスのメンバー変数、myInfraredFrameReaderを宣言します。
  5. KinectSensorからのフレームのプロパティを表わすクラスである、FrameDescriptionクラス型のメンバー変数、myInfraredDescriptionを宣言します。
  6. WriteableBitmapクラス型のメンバー変数、myInfraredBitmapを宣言します。
Think IT会員限定特典
  • Kinect v2で赤外線画像を取り込むサンプル

    『速攻攻略 Kinect v2 プログラミング入門』 第4回のサンプルプログラムです。
薬師寺国安事務所

薬師寺国安事務所代表。Visual Basic プログラミングと、マイクロソフト系の技術をテーマとした、書籍や記事の執筆を行う。
1950年生まれ。事務系のサラリーマンだった40歳から趣味でプログラミングを始め、1996年より独学でActiveXに取り組む。1997年に薬師寺聖とコラボレーション・ユニット PROJECT KySS を結成。2003年よりフリーになり、PROJECT KySS の活動に本格的に参加、.NETやRIAに関する書籍や記事を多数執筆する傍ら、受託案件のプログラミングも手掛ける。Windows Phoneアプリ開発を経て、現在はWindows ストア アプリを多数公開中

Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。Microsoft MVP for Development Platforms - Windows Phone Development(Oct 2012-Sep 2013)。Microsoft MVP for Development Platforms - Client Development(Oct 2013-Sep 2014)。Microsoft MVP for Development Platforms-Windows Platform Development (Oct 2014-Sep 2015)。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています