PR

仮想マシンにCentOSをインストールする

2015年3月19日(木)
大月 宇美(おおつき たかみ)できるシリーズ編集部

追加の設定画面が表示される

インストール後の「ようこそ」画面が表示される。追加のセットアップ作業が必要

(クリックで拡大)

ライセンスに同意する

ライセンスへの同意が求められる

(クリックで拡大)

ユーザー名とパスワードを設定する

一般ユーザーを登録する

(クリックで拡大)

日付と時刻を設定する

(クリックで拡大)

NTPサーバーと同期させる

NTPサーバーの一覧が表示される

(クリックで拡大)

メモリの警告が表示される

メモリの警告が表示される

(クリックで拡大)

セットアップを終了する

画面を閉じてCentOSのセットアップを終了させる

(クリックで拡大)

ログイン画面が表示される

インストールと追加モジュールのセットアップが完了した。ログイン画面が表示された

(クリックで拡大)

ログインする

パスワードの入力欄が表示された

(クリックで拡大)

CentOSのデスクトップが表示された

ログインが完了した

(クリックで拡大)

シャットダウンする

いったんシステムをシャットダウンする

(クリックで拡大)

シャットダウンメッセージが表示される

シャットダウンメッセージから、[シャットダウン]を選ぶ。シャットダウンを実行するとCentOSが終了すると同時に仮想マシンも閉じられる

(クリックで拡大)

CentOSを終了するには

ここまでの手順では、ウィンドウメニューからシャットダウンを選びましたが、コマンドラインからシャットダウンやリブートを行うことができます。シャットダウンを行うには、rootに切り替えてから、「shutdown -h now」、リブート(再起動)するには、「reboot」を実行します。OSをシャットダウンせずに仮想マシンを終了すると、OSのイメージが壊れる場合があるため、必ずシャットダウンしたあとで、仮想マシンを終了してください。

仮想マシンを終了するには

仮想マシンを終了する場合、CentOSをシャットダウンする方法と、[仮想マシン]メニュー−[閉じる]([HOST]+Qキー)を実行し、イメージを保存する方法があります。

CentOSを起動(再実行)するには

ここでシャットダウンを実行すると、仮想マシンが終了し、最初の画面に戻ります。CentOSを再実行するには、最初と同様に、仮想マシンを選択して[起動]をクリックしてください。前回の終了時の状態(この場合は、シャットダウン後のログイン画面)で仮想マシンが起動します。

コマンドライン端末を表示する

メニューを表示する

VirtualBoxからCentOSを起動してログインしておく

(クリックで拡大)

端末を起動する

(クリックで拡大)

端末が表示される

コマンドライン端末が表示された。以降の操作は、端末を使って行う

(クリックで拡大)

Linuxでは、多くの操作を端末を使って行う

デスクトップから起動するには

端末はよく使うツールなので、デスクトップにアイコンを表示しておくと便利です。それには、[アプリケーション]メニューを表示し、[システムツール]−[端末]を右クリックして、[このランチャをデスクトップへ追加]をクリックします。デスクトップに[端末]のアイコンが表示され、ダブルクリックで起動できるようになります。

端末について

CentOSのアプリケーションメニューに標準で登録されているのは、GNOMEデスクトップ端末(ターミナル)です。日本語の表示にも対応しており、デフォルトでは、UTF-8に設定されています。利用環境によっては、EUC、SHIFT-JIS、ISO-2022-JPにも設定可能です。画面のサイズだけでなく、色、フォント、拡大・縮小など、さまざまなカスタマイズが可能な、高機能な端末ソフトウェアです。

コマンドの入力について

Linuxに限らず、UNIX系のOSではコマンドラインでの入力によってOSの操作や設定を行うのが一般的です。WindowsやMacOSが当たり前の時代になり、LinuxもGNOMEがGUIとして一般化してきましたが、まだまだコマンドラインでの入力が幅を効かせています。コマンドラインで効率的に入力を行うには、ヒストリ機能(直前のコマンドを実行する!、øでコマンドの履歴を検索など)、文字の補完機能(t)を使うことをお勧めします。

rootユーザーでのコマンド入力について

Windowsでは、管理者と一般ユーザーという呼び方をしますが、Linuxでは、rootというユーザー名が管理者アカウントとして決められています。一般ユーザーに対して、rootアカウントはスーパーユーザーと呼ばれ、「どのユーザーが所有しているファイルでも読み書きできる」権限が与えられています。逆に言えば、誤ってLinuxの動作に必要なファイルも削除する可能性もあるため、通常の操作では、一般ユーザーの権限で行い、システムのアップデートやバックアップといった重要な作業を行うときにのみ、rootのアカウントを使用します。

rootユーザーで操作する

rootユーザーで操作するためのコマンドを入力する

  1. コマンドを入力
  2. CentOSのインストール時に設定したrootユーザーのパスワードを入力する
[user@www ~]$ su -z
パスワード:
[root@www ~]#

プロンプトが変わり、rootユーザーとして操作できるようになった

viを使ったファイルの編集について

本書では、設定ファイルの編集に、viというスクリーンエディタを利用しています。viは、キーボードのホームポジションで操作がしやすいようになっていることや、コマンドモードとテキストモードという2つのモードがあるのが、特徴といえるでしょう。コマンドモードはviに対する命令を実行するモードで、入力された文字は、viに対するコマンドとして受け取られます。それに対してテキストモードは、テキストの入力、編集を行うモードです。CentOS 6.xでは、viクローンのvim(vi improved)にエイリアスされています。vi起動時にヘルプを参照するには、「:help」、コマンドラインで参照するには、「man vim」と入力してください。また、vimには、有用なチュートリアルも用意されています。コマンドラインで「vimtutor」と入力すると、右の画面が表示されます。初めてviを使う方は、このチュートリアルを利用されるとよいでしょう。

(クリックで拡大)

この記事のもとになった書籍
できるPRO WordPress -- Linuxユーザーのための構築&運用ガイド

大月 宇美 著/できるシリーズ編集部 著
価格:2,500円+税
発売日:2014年12月19日発売
ISBN:978-4-8443-3732-4
発行:インプレスジャパン

できるPRO WordPress -- Linuxユーザーのための構築&運用ガイド

本書では、WordPressの導入と運用について、これから始めたいと思っている方を対象に、基本から応用へ、作業や操作を少しずつ、着実に進めていけるよう解説しています。

Impress詳細ページへ

著者
大月 宇美(おおつき たかみ)

1964 年、茨城県生まれ。コンピュータ商社、出版社勤務を経て1999 年に独立。コンピュータ書籍を中心に、執筆・編集・校正などを幅広く手がける。著書に『ひと目でわかるOutlook2013』(日経BP 社)、『新標準HTML & CSS3 辞典』(インプレスジャパン)ほか。

著者
できるシリーズ編集部

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています