PR

NATの概念[グローバルアドレスとローカルアドレスの静的/動的変換]

2015年5月25日(月)
内山 豊彦
次に、ダイナミックNATの仕組みについて例題を使用して説明します。
 
公式ガイドブック24章の問題5
 

※上記の問題6は『シスコ技術者認定試験 公式ガイドブック Cisco CCENT/CCNA ICND1 100-101J』 p.661より抜粋。

 
この例題は、ダイナミックNATの概念についてのものです。ダイナミックNATとは、プールに登録された内部グローバルアドレスを使用して動的にNAT変換を行うことです。ダイナミックNATの場合、パケットの通過時に、使用する内部グローバルアドレスをプールから抽出してNATテーブルに追加します。そのため、最初のパケットが通過する前のNATテーブルは以下のようになります。NATの変換結果を確認するには、show ip nat translationsコマンドを使用します。
 
show ip nat translationsコマンドの実行結果
 
結果は上記のように何も表示されません。NATテーブルに何もエントリがないということです。最初のパケットが通過するまで、何も作成されず空白のままです。
 
この例題は、ダイナミックNATでのテーブルエントリのタイミングを問うものです。ダイナミックNATの場合、先に説明したように最初のパケットが通過したときに初めてエントリが作成されます。よって、正解はaになります。最初のパケットが通過すると、次のようにNATテーブルエントリが作成されます。
 
NATテーブルエントリ
 
 

【参考サイト】
「Cisco NetSpace」(http://www.netacad.com)(アクセス:2015/05)
「Cisco 1900 シリーズ サービス統合型ルータ ハードウェア インストレーション」(アクセス:2015/05)

 
この記事で紹介した書籍
シスコ技術者認定試験 公式ガイドブック Cisco CCENT/CCNA ICND1 100-101J

Wendell Odom 著/株式会社クイープ 訳
価格:4,400円+税
発売日:2014年03月05日発売
ISBN:978-4-8443-3553-5
発行:インプレスジャパン

シスコ技術者認定試験 公式ガイドブック Cisco CCENT/CCNA ICND1 100-101J

本書は、シスコ技術者認定のうち、CCENT/CCNAの認定を目指す人のための公式ガイドブックです。2013年に改訂されたICND1の試験内容に対応しています。新ICND1は、旧ICND1からトピックの削除と追加が行われています。ICND1の合格により、CCENT認定を受ければ、CCNA認定への最初のステップをクリアしたことになります。本書を携えつつCiscoプロフェッショナル認定試験突破に向けて大きな一歩を踏み出しましょう。

Amazon詳細ページへImpress詳細ページへ

 

ECCコンピュータ専門学校専任教員、シスコ認定アカデミーインストラクタ。 2001年よりシスコネットワーキングアカデミーの授業を担当。 ネットワーク以外にもLinuxやWindowsサーバなどの授業や学内のサーバの構築・運用管理を行なう。 また、Webサイトの構築のためのスクリプト言語(PHPなど)も担当。ネットワークやサーバだけでなくWebサイトの構築も行なう

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています