PR

データセンター運用を最適化するDMC

2009年8月6日(木)
松原 裕典

シンプルな管理オペレーションを実現するDMCの機能

 DMCでは検出されたノード単位で、導入されたOSバージョン、ハイパーバイザー、ゲストOSバージョン(バーチャルマシン)までを認識します。ハードウエアリソースのパフォーマンスを同一コンソールでモニターするため、物理サーバーだけでなく、仮想化リソースのハードウエアスペックとシステム状況を一度に把握することが可能です。またワークロードバランス最適化のためにリソースのアロケーションを実施することができます。

 ほかにも、シンプルな管理オペレーションを実現するために、管理コンソールからサーバー、ストレージの管理ツールや他社アプリケーションを右クリックで実行できるような柔軟な設定が可能です。

 DMCのいくつかの機能について、以下に紹介します。

・レポート機能(図3-1)
標準で複数の便利なレポートテンプレートが用意されています。上の図はPowerEdgeサーバーのモデル別で表示したグラフです。そのほかにも、ストレージやネットワークスイッチ、テープライブラリ、OS種類、仮想化ホスト、仮想マシンなどのテンプレートが用意されています。

・パフォーマンスモニター(図3-2)
システムの負荷状況を一目で把握できる機能。特定の期間に絞って監視することもできます。

・右クリックアクション(図3-3)
検出されたサーバーホストから、右クリックで他社の管理ツールや指定されたURLでのブラウザ起動、サーバーごとに柔軟な設定などが可能です。

デルが提供する運用管理ソリューション

 デルはサーバーからストレージ、データセンター管理の最適化にいたる、効果的な標準テクノロジーによる価値を具現化します。それは重要なコストの削減を実現すること、ITコストを見直して複雑性を緩和すること、運用の合理化とリソースの解放を可能にすることです。

 また、ビジネススピードと運用計画に沿ったサービス提供のためにオープンで柔軟性のある統合管理ソリューション、仮想化パフォーマンスおよびビジネス対応ソリューションなども用意しています。

 お客さま企業に競争力を届けるため、エネルギー効率や管理性を追求したサーバー設計、互換性を保つためプラットフォーム間の共通化、仮想化に最適化されたサーバー、ストレージ製品、そして合理化したデータセンターの運用管理ソリューションサービスを、要求毎に差別化した内容で提案しています。

 そして、全体的な TCO の向上を実現していくことが重要です。既存のお客さまはIT購入時の「ロックイン」を心配する必要なく、既存のソリューションを統合して、電力コストの削減、管理時間の短縮、複雑性の緩和を実現することによって、高いROIをもたらします。

 次回は「ダイナミックなデータセンターの仮想化運用」について解説します。


※記載されている内容、仕様は予告無く変更される場合があります。/構成や仕様により、提供に制限がある場合があります。詳細は弊社担当営業にお問合せください。/システム構成により、提供に制限がある場合がございます。/ICS, Dell ロゴは、米国 Dell Inc.の商標登録です。/その他の社名及び製品名は各社の商標または登録商標です。

デル株式会社
ラージ・エンタープライズ マーケティング ジャパン・マーケティング本部 ブランド マネージャー 1997年、デル入社。市場開発部マネージャー、PowerEdgeのプロダクトマネージャーやアライアンスマネージャーを歴任後、現職。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています