PR

VJを始めてみませんか?

2008年7月5日(土)
川村 有

VJの魅力

 現在、日本のクラブシーンでは、VJのみで生活している人、つまり「職業的なプロVJ」はまだ少ないのが現状です。しかし、映像クリエイターやグラフィックデザイナーはもちろん、Flashを使う事ができるWebデザイナーや、最近ではプログラマーなど、多くのクリエイターたちが趣味と実益をかねてVJをしています。

 それは、なぜでしょうか。まず、イベントのフライヤー(チラシ)や紹介サイトに自分の名前が載り、イベントに遊びに来た数百人(多い時で数千人!)の人々に自分の作品を一度に見せる事ができ、アーティストとしての喜びを感じる事ができます。そして次のイベントのオファーや出していた映像作品がプロモーターの目にとどまり、仕事が決まるなど、VJをハブとしてさまざまな人と仕事との「つながり」が広まっていきます。

 つまりVJとは、単なる金銭的な枠を超え、強力なプロモーションツールと言い換える事ができるのです。

どんな場でVJは行われているのか?

 最近では、クラブの中だけではなく、ライブハウスでのバンド演出や企業イベントのセミナー会場、変わった所では、演劇やバレエの舞台演出などでVJが活躍する機会が増えてきました。

 舞台の演出と言えば、ほんの数年前まで、スタッフや舞台監督と共に、数日に渡る綿密な打ち合わせを行い、分刻み(場合によっては秒刻み)で絵を出すタイミングをシビアに決める必要がありました。

 なぜなら、当日には台本の変更は一切できなかったからです。当時の映像演出のほとんどは、あらかじめ作り込んでおいた映像をテープにダビングしておき、当日はピッタリのタイミングでそのテープを再生させる事がすべてでした。つまり、前日までに作り込んだ映像がすべてであり、テープにダビングした時点で映像の修正は、ほぼ不可能だった訳です。ちょっと大げさに聞こえるかもしれませんが事実です。

 しかしVJの登場により、映像の演出方法は一新しました。VJは映像を細かな単位で「素材」として持っています。その素材をリアルタイムに組み合わせていく事によって、1本の長い映像に仕上げていきます。

 つまり組み合わせしだいでは、映像に物語性を持たす事もできれば、単純な繰り返しの固まりにする事も自由自在です。いくらでもアレンジを利かせる事が可能なのです。

 VJは場数を重ねる事で、その場の空気感を瞬時に察知する能力がどんどんと上達します。それは実際に劇場の空気を感じながら「役」を演じる役者や音楽家とよく似ています。彼らのように「目には見えない空気感」を、VJは「映像空間」という形にできることが、VJの一番の面白さです。

VJチーム M.M.M(エムエムエム)主幹。1999年結成。世界屈指のMIXテクニックを誇り、世界各地のイベントVJを担当。国内最大級のテクノミュージックフェスティバル「METAMORPHOSE」や「WIRE\'07」に出演。また、日本最大のVJサイト「GLOBAL AUDIO VISUAL JAPAN(http://www.audiovisual.jp/)」の運営やVJ ソフトウエアmotion dive.tokyo(http://www.digitalstage.jp/mdt/index.php)の開発など、その活動の幅を無限に広げている。VJ M.M.M:http://www.htmmm.com

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています