PR

JavaScript用パッケージマネージャYarnが公開、MySQL次期メジャーバージョン8.0登場、など

2016年10月21日(金)
吉田 行男
Facebookは、既存のnpmと互換性を備えるJavaScript向け新パッケージマネージャYarnをオープンソースで公開した。

こんにちは、日立ソリューションズの吉田です。

来週は、スペインのバルセロナで「OpenStack Summit」が開催されます。東京で開催されたのは昨年のことですが、技術の進歩が速すぎるのか、もうずいぶん前のような気がします。今年も新しい技術や発表があるようなので、とても楽しみです。

今週もOSSに関する注目すべきトピックを取り上げましたので、ゆっくりとご覧下さい。

Linux Kernel 4.8やLibreOffice 5.2など最新版満載のUbuntu 16.10リリース

英国Canonical社は13日、Linuxディストリビューションの最新版「Ubuntu 16.10」をリリースしました。Linux Kernel 4.8を採用し、デスクトップ環境にGNOME 3.22、ファイルマネージャにNautilus 3.20、そしてオフィススイートにLibreOffice 5.2など、最新のパッケージを収録しています。また、Ubuntuが標準的なGUIとして採用してきたUnityには、開発プレビュー版のUnity 8が採用されています。

サーバ版では、スケールアウトプラットフォームにOSをベアメタル配備する「MAAS(Metal as a Service)2.0」や、オーケストレーションを実現する「Juju 2.0」を採用し、クラウドとベアメタルを同感覚で扱えるようになります。また、セキュリティで保護されたベアメタルパフォーマンスを実現するOpenStackの最新版もサポート。LXD 2.4を用いたコンテナも提供されます。

(参照記事:http://news.mynavi.jp/news/2016/10/14/311/

Facebook、JavaScriptの新パッケージマネージャ「Yarn」をオープンソースで公開。npmのリプレースで高速かつセキュアに。パッケージの依存問題も解決

米国Facebook社は11日、JavaScript向けのパッケージマネージャ「Yarn」をオープンソースで公開しました。JavaScript向けのパッケージマネージャとしては「npm」がすでに広く使われていますが、コードベースと開発者の増加により一貫性、セキュリティ、性能などの面で課題を感じ、最終的に「Yarn」の開発に至ったとしています。「Yarn」はnpmレジストリとの互換性を維持しつつ、npmクライアントやその他のパッケージマネージャの既存のワークフローを置き換えるものとして、米国Google社などの協力を受けて開発されました。

(参照記事:http://www.publickey1.jp/blog/16/facebookjavascriptyarnnpm.html

Linux財団、JavaScriptのための「JS Foundation」を設立

Linuxを推進する非営利団体The Linux Foundationは17日、オープンなWeb開発とJavaScriptコミュニティを結び付ける非営利団体「JS Foundation」を設立したことを、公式ブログで発表しました。創立メンバーには米国IBM社、韓国Samsung社などが名を連ねています。「JS Foundation」は、JavaScriptアプリケーションおよびサーバサイドのプロジェクト育成を目的とし、JavaScriptの普及と開発技術促進、およびコラボレーションを目的としています。初期のプロジェクトには、Appium、Interledger.js、JerryScript、Mocha、Moment.js、Node-RED、webpackといった創立メンバーが関わるJavaScriptプログラムやフレームワークが含まれています。これらのプロジェクトはW3CやWHATWG、ECMA TC39といった標準化団体との協働によって、JavaScriptエコシステムの構築をめざすようです。

(参照記事:http://news.mynavi.jp/news/2016/10/18/091/

JBCCとクリエーションラインが提携、Apache Sparkを活用したデータ解析サービスを提供へ

JBCC(株)とクリエーションライン(株)は17日、JBCCの運用付きクラウドサービス「俺のクラウド」において、ビッグデータの高速分散処理を実現する「Apache Spark」を活用したデータ解析サービスを提供するために、業務提携すると発表しました。「俺のクラウド」は、クラウド基盤の構築のみならず運用までを含め、ユーザー企業に必要なものを提供するクラウドサービスです。このサービスメニューの1つとして、データ解析ソリューション「Cloud解析」を提供していますが、今回、クリエーションラインの強みである、IoTなど膨大なデータの中から関係性を導き出すなどの高度な解析を、「Cloud解析」の高い操作性と表現力で可視化し、ビッグデータの高度な解析環境を提供するとしています。

(参照記事:http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/1025196.html

次期メジャーバージョン「MySQL 8.0」が登場、機能強化点を報告:OOW16のMySQLレポート

9月18〜22日に米国サンフランシスコで開催された「Oracle OpenWorld 2016(OOW16)」の「MySQL」に関するトピックを紹介したレポートです。「Oracle OpenWorld」では、2010年のオラクルによるサン・マイクロシステムズ買収以来、毎年数多くのMySQL関連のセッションやチュートリアルが用意されており、2016年は40近くのMySQL関連セッションが行われました。MySQLサーバの次期メジャーバージョンである「MySQL 8.0」や、マルチマスター型レプリケーションソリューションとしての「MySQL InnoDB Cluster」など新しい製品の発表もあり、各技術セッションでは開発エンジニアから新機能やアーキテクチャの解説などが行われました。

(参照記事:http://japan.zdnet.com/svc/nls/?id=35090650

編集後記

編集後記10月になって、カンファレンスがいろいろ開催されています。目立っているテーマは、「IoT」と「人工知能」のようです。先日、幕張メッセで開催されたCEATECは、さながら「人工知能」の見本市のようであったというレポートもあります。願わくば、バズワードで終わらず、ビジネスとして発展することを祈りたいと思います。

株式会社日立ソリューションズ
2000年頃より、Linuxビジネスの企画を始め、その後、オープンソース全体の盛り上がりにより、Linuxだけではなく、オープンソース全般の活用を目指したビジネスを推進している。
現在の関心領域は、OpenStackを始めとするクラウド基盤、ビッグデータの処理基盤であるHadoop周辺及びエンタープライズでのオープンソースの活用方法など。
 
株式会社日立ソリューションズ 技術開発本部
オープンソース技術開発センタ 主管技師

連載バックナンバー

OSSコラム

SQL Server v.Next CTP 1.3 Linux版も含めて公開、GoogleのTensorFlowが1.0に、ほか

2017/2/24
OSS界隈に造詣が深い吉田行男氏が、この一週間に起きたOSS業界の注目すべきトピックをセレクトして、お届けします。
OSSコラム

MSが「Azure IP Advantage」を発表、インテル「BigDL」をオープンソース化、ほか

2017/2/17
OSS界隈に造詣が深い吉田行男氏が、この一週間に起きたOSS業界の注目すべきトピックをセレクトして、お届けします。
OSSコラム

「LibreOffice 5.3」公開、UIプロジェクト「MUFFIN」を初導入、ほか

2017/2/10
OSS界隈に造詣が深い吉田行男氏が、この一週間に起きたOSS業界の注目すべきトピックをセレクトして、お届けします。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

JavaScript用パッケージマネージャYarnが公開、MySQL次期メジャーバージョン8.0登場、など | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。