PR

米PivotalがHortonworksと提携、「Node.js Foundation」設立、注目を集めるベアメタル、ほか

2015年2月20日(金)
吉田 行男

こんにちは、日立ソリューションズの吉田です。

2月の半ばを過ぎ、さまざまなイベントが本格的に開催されるようになってきました。先週は「Japan SoftLayer Summit 2015」、今週は「Developers Summit」と目白押しです。相変わらずインフルエンザも流行っているようで、大勢の人が集まる場所に出かける時は、注意が必要です。

今週も注目すべきトピックをまとめましたので、ゆっくりとご覧下さい。

米国PivotalがHadoopでHortonworksと提携、Greenplum、GemFire、HAWQはオープンソース化

米国Pivotalは超並列処理(MPP)データベースのGreenplum Database、No SQLインメモリデータベースであるGemFire、Hadoopに対する高速SQLクエリを提供するPivotal HAWQをオープンソース化すると発表しました。企業のIT調達において、オープンソースが要件となってきていることを踏まえ、同社のPaaS基盤ソフトウェア「Pivotal Cloud Foundry」で成功しているモデルを、データ関連製品に適用するとのことで、今回の発表により、同社が提供する「Pivotal Big Data Suite」の中核がオープンソースになりました。
(参照記事:http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1502/18/news047.html

Red Hat、OpenStackとの統合を強化したEnterprise Virtualizationの最新版

「Red Hat Enterprise Virtualization 3.5」では、オープンスタンダードに基づいてミッションクリティカルなワークロードを標準化したサービスを提供し、仮想化インフラのプロビジョニング、設定、およびモニタリングに対する可視性を向上しました。新機能としては、oVirt Optimizerとの統合による高度なリアルタイム分析を通したコンピュートリソースの最適化であるとか、NUMAサポートによる性能が向上した非常にスケーラブルなワークロードのデプロイメントが可能になります。
(参照記事:http://news.mynavi.jp/news/2015/02/17/206/

日立の米国子会社が、OSSのビッグデータ分析ソフトを買収

日立は、米国・日立データシステムズを通じて、データ分析やグラフ作成などをマウス操作で支援する「Pentaho」を買収しました。「Pentaho」は、OSSの強みを生かし同じくOSSの「Hadoop」との連携を得意としているソフトウェアで、世界で180カ国、1,200社の顧客企業で活用されています。日立は今回の買収により、「ビッグデータの利活用基盤の構築を支援し、社会イノベーション事業のグローバル展開を加速する」と発表しています。
(参照記事:http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/021200501/

独立非営利団体「Node.js Foundation」設立、米国Joyentに加え、米国IBMやMicrosoftらが参加

米国Joyentは2月10日、非営利団体「Node.js Foundation」の立ち上げを発表しました。Node.jsはGoogleが開発するJavaScriptエンジン「V8」をベースとするJavaScript実行環境や関連ライブラリを提供するプラットフォームで、Joyentが開発を主導するとともに支援も行っていました。今回のFoundation設立により、透明性とオープンなガバナンスモデルを確立し、コミュニティ主導となるようにすることが目的です。なお、創立メンバーには、Joyentのほかに米国IBM、米国Microsoftなど5社が参加しています。
(参照記事:http://sourceforge.jp/magazine/15/02/12/153000

ベアメタルクラウド—2015年のクラウド市場を占う注目のキーワード

最近、クラウド分野で「ベアメタル」という言葉をよく聞くようになりました。「ベアメタル」とは、「むき出しの金属」という意味ですが、サーバで使われるときは、OSも何も入っていない状態のサーバを意味し、物理サーバのことになります。したがって、「物理サーバを仮想サーバのように使える」サービスのことを「ベアメタルクラウド」と言います。IBMのSoftLayerなどは、すでにベアメタルクラウドのサービスを提供していますし、IaaS基盤ソフトであるOpenStackやCloudStackも、物理サーバの管理に対応してきています。今後のクラウド市場での注目キーワードであることは、間違いありません。
(参照記事:http://thinkit.co.jp/story/2015/02/17/5587

◆編集後記◆

天気予報がはずれるといろいろと文句を言いたくなりますが、今冬の天気予報は、むしろはずれて良かったというような印象があります。「寒気団の襲来により雪が降ります」という天気予報を今年は何回も聞きましたが、都内ではそれほどでもなく、昨年に比べると過ごしやすい冬という印象です。まだまだ、油断をしてはいけないかも知れませんが、このまま、春に向かっていってほしいものです。

株式会社日立ソリューションズ
2000年頃より、Linuxビジネスの企画を始め、その後、オープンソース全体の盛り上がりにより、Linuxだけではなく、オープンソース全般の活用を目指したビジネスを推進している。
現在の関心領域は、OpenStackを始めとするクラウド基盤、ビッグデータの処理基盤であるHadoop周辺及びエンタープライズでのオープンソースの活用方法など。
 
株式会社日立ソリューションズ 技術開発本部
オープンソース技術開発センタ 主管技師

連載バックナンバー

OSSコラム

SQL Server v.Next CTP 1.3 Linux版も含めて公開、GoogleのTensorFlowが1.0に、ほか

2017/2/24
OSS界隈に造詣が深い吉田行男氏が、この一週間に起きたOSS業界の注目すべきトピックをセレクトして、お届けします。
OSSコラム

MSが「Azure IP Advantage」を発表、インテル「BigDL」をオープンソース化、ほか

2017/2/17
OSS界隈に造詣が深い吉田行男氏が、この一週間に起きたOSS業界の注目すべきトピックをセレクトして、お届けします。
OSSコラム

「LibreOffice 5.3」公開、UIプロジェクト「MUFFIN」を初導入、ほか

2017/2/10
OSS界隈に造詣が深い吉田行男氏が、この一週間に起きたOSS業界の注目すべきトピックをセレクトして、お届けします。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています