PR

戦闘機対戦ゲームをFREDDYで実装!

2008年8月25日(月)
横山 昌平

FREDDYの研究が目指すゴール

 本連載では、「JSON vs. FREDDY:Web軽量通信(http://www.thinkit.co.jp/article/116/)」と題して、静岡大学情報学部石川研究室(http://db-lab.cs.inf.shizuoka.ac.jp/)で筆者が研究開発を進めているFREDDY(http://freddy.yokoyama.ac/index.php/FREDDY)の紹介を行ってきた。最終回の今回は、研究段階にあるFREDDYの実用化に向けた方向性を議論する。また、FREDDYの可能性をデモンストレーションするために作成した「Google Mapsを利用した対戦型の空中戦ゲーム:GFighter」も紹介する。

 「第3回:JavaScriptでFREDDYデータを読み込む(http://www.thinkit.co.jp/article/116/3/)」ではXML文書をFREDDY形式に変換するxml2freddy.phpというツールを紹介した。しかしながら、静的なファイルを読み込むことがFREDDYの目指すゴールではない。静的な大きなデータならば関係データベースやXMLデータベースを使って検索を行い、結果の小さなデータのみを読み込めばよく、そもそも検索ルーチンをクライアント側のJavaScriptで実装する必要はない。

 もちろんAdobe AIR(http://www.adobe.com/jp/products/air/)やMicrosoft Silverlight(http://www.microsoft.com/japan/silverlight/)など、Web技術を主軸に、単なるWebアプリケーションを超えた高度な処理を行う枠組みも登場しつつあり、その方向性としては、FREDDYを利用してデータベースエンジンそのものをJavaScriptで組むというのもチャレンジとしては面白いと思う。だが、筆者らの研究プロジェクトで取り組もうとしていることは、もう少し現実的な応用である。

 「FREDDYのアプリケーションは何なのか?」

 実際、これはよく聞かれる問いである。筆者らはその答えとなるツールや技術の研究開発を現在行っている。

FREDDYのアプリケーション

 図1には、現在研究開発中のFREDDYの応用を概念的に記した。この図に描かれているように、大きく分けて、3つのアプリケーションの構築を目指している。それぞれについて説明しよう。

 1つ目が「ストリーミングデータの処理基盤」だ。ストリーミングデータ、とりわけセンサーデータの出力を直接Webで扱う基盤技術をFREDDYで構築する予定である。FREDDYは大きな文書を細かく分割し、それを順次読み込んでいく手法をとるが、この手法はそのまま、動的なストリーミングデータの読み込みに利用することができる。

 2つ目が「分散データのクローリング基盤」だ。FREDDYフォーマットの分割されたデータの破片は、Dynamic Script Tagでデータを読み込むため、それぞれが別のWebサイトにあっても良い。しかもFREDDYはデータの分割の仕組みを利用者から隠ぺいし、あたかも1つのリソースのようにアクセスすることができる。この仕組みを分散環境に応用すれば、インターネット上に分散して存在するリソースを、Webブラウザから仮想的な1つのリソースとしてアクセスすることができる。

 3つ目が「Webブラウザ同士の連携基盤」だ。現在のFREDDYはWebサーバーからWebブラウザへの一方向のデータ通信技術であるが、今後の課題として、双方向通信を実現したいと考えている。さらに複数の双方向通信を束ね、異なるWebブラウザ間通信の枠組みを構築したい。これはいわばWebブラウザ上におけるオーバレイネットワークである。

 筆者らはこの3つの課題のうち、最後に挙げた「複数のWebブラウザの連携基盤」に最も注力している。次ページではFREDDYによるWebブラウザ連携のデモンストレーションとして、対戦ゲームのWebアプリケーションを紹介したい。

静岡大学
静岡大学情報学部助教。2006年東京都立大学大学院修了、博士(工学)。1996年から2008年まで東京ディズニーランド内ワールドバザール・コンフェクショナリー勤務、菓子類の販売に従事。産業技術総合研究所(前述と兼業)を経て2008年より現職。データベースとWebを基礎とした、データ通信手法や地理情報システム基盤の構築に興味を持つ。http://shohei.yokoyama.ac/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています