PR

解像度の異なる端末に対応する

2010年5月13日(木)
有山 圭二(ありやま けいじ)

解像度の違いによる不具合

サンプル"ResourceTest"を、HVGAとWVGAのエミュレータで実行した結果が、下の図2-1になります。ご覧のとおり、HVGAでは正常に表示されていますが、WVGAでは小さく、右端と下側が余って表示されています。

また、端末を横に向けたときのアプリの挙動を考えてみましょう。ユーザーの設定にもよりますが、Androidでは、端末が横に向くと、画面自体が回転して、それまでの縦長から、横長の画面表示に変わります。エミュレータでは、[Ctrl+F12]を押すと、画面の向きが切り替わります。

画面を横向きにした結果が下の図2-2です。HVGAでは縦で画面が切れて、正常に表示されていません。また、WVGAでは、図らずも全体は表示されていますが、右端が余っており、正常に表示されているとは言えません。

これらの不具合は、画面を設計する際に、部品の大きさをピクセル(px)単位で指定したことが原因です。 HVGA(480x320)の解像度に合わせて設計したため、WVGA(854x480)で表示すると、480x320でいっぱいに表示しても、まだ右と下が余ってしまいます。

また、画面が回転して縦横の長さが切り替わっても、部品の縦横の大きさ指定は変わらないため、きちんと表示されないのです。

ピクセル単位での指定は、レイアウトの細かい調整には非常に便利です。しかし、今回のように1画面を構成するピクセル数そのものが違う環境には、全く対応できません。

Androidの初期のSDKでは、AbsoluteLayoutと呼ばれる、画面の部品の座標が絶対値で指定できるレイアウトがありました。しかし、現在ではこれは非推奨の扱いです。同様に、位置合わせのためにピクセル単位を使うこともまた、今後は推奨されなくなると筆者は考えています。

それでは、これら端末間の違いを解消するにはどうしたら良いのでしょうか。

レイアウト・リソースを調整する

まず、WVGAで表示した際、右と下が余ってしまう不具合を調整します。

この場合、単位を[px]ではなく、[sp]で指定することで改善できます。

すべての大きさを指定する単位を、pxからspに変更したレイアウトファイルが、res_sample/layout/main2.xmlにあります。このファイルをres/layout/にコピーしてください(前のページでコピーを終えている人はそのままでかまいません)。

次に、src以下のMainActivity内で、setContentViewの引数をR.layout.main2に変更してください。main2 が見つからないとエラーが発生する場合は、プロジェクトを一度クリーンしてから再度ビルドしてください。

変更後のサンプルを実行した結果が、上の図2-3です。小さく表示されていた画面が、横いっぱいに拡大されて表示されています。値を全く変えずに、単位をpxからspに変更するだけで、明らかに改善されました。

sp(Scale-independent Pixels)は、画面の解像度に依存しない単位です。基本的にピクセル単位の指定と同じ意味を持ちますが、解像度に合わせて自動的に拡大縮小を行います。

そのため、HVGA用に設計した画面も、単位をspにしておけば、WVGA向けに拡大して表示されるのです。ちなみに、図2-3では下側が少し余っていますが、これはHVGAとWVGAの画面の縦横比が異なり、縦横比を保ったまま拡大したためです。

単位spで指定は、どのような画面でも大きな不具合が起こりにくいので、pxの代わりにspを使うことをおすすめします。

次のページでは、「画面の縦横の切り替え」への対応と、より具体的な複数解像度への対応を解説します。

著者
有山 圭二(ありやま けいじ)

有限会社シーリス代表。日本Androidの会 運営委員。手間暇かけてくだらないことをするのが大好きで、2007年11月にAndroidの発表を知り「All applications are created equal」の言葉に惹かれて参入。代表的な開発アプリは「MoreLocale 2」、「近藤昭雄シリーズ(憂鬱・退屈)」、「薬検索」など。twitter ID: keiji_ariyama

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています