PR

解像度の異なる端末に対応する

2010年5月13日(木)
有山 圭二(ありやま けいじ)

複数のレイアウトを用意する

前のページでは、大きさの指定をpxからspに変更すれば、画面の解像度に応じて自動的に拡大、縮小されると述べました。

しかし、大きさをspで指定しても、画面の縦横の切り替えに対応できません。この問題の解決には、横向きの画面用のレイアウトを別に用意する必要があります。

サンプルの/res_sample/layout-land/ディレクトリが、横向き画面用のレイアウトです。これを/res/へコピーしてください。

コピー後、もう一度サンプルを実行してください。図3-1のように、画面の向きが変わっても、正常に表示されていることが確認できます。

追加したディレクトリの中にあるmain2.xmlは、横向きの画面用に値を設定し直したレイアウトファイルです。"layout-land"でハイフンの後にある"land"が、リソースの修飾子です。修飾子"land"がついたリソースは、自動的にLandscape、つまり、画面が横向きのときに適用するという意味になります。

同様に、特定解像度に対応させるリソースも追加できます。

例えば、前のWVGAへの対応では、部品の大きさをsp単位で指定していても、WVGAとHVGAの縦横比の違いから、画面の一部が余ってしまっていました。

これを根本的に解決するには、WVGA専用に調整したリソースを別途用意する必要があります。

サンプル/res_sample/layout-854x480ディレクトリと、/res_sample/layout-854x480-landディレクトリを/res/へコピーしてください。それぞれのディレクトリのmain2.xmlは、WVGA用に表示内容を調整してあります。

この場合、追加したリソースディレクトリで"854x480"の部分が、画面の大きさがWVGA(854x480)の際に適用するリソースであることを表す修飾子です。

追加後にサンプルを再度実行すると、きちんと部品が表示されているのがわかります。また、縦横の切り替えに応じて表示内容も変わります。

まとめ

いかがでしたか?

ここまで、コード側で解像度を確認したり、レイアウトの切り替えを指示していない点に注目してください。 やったことは、/res/ディレクトリに、適切な修飾子をつけたリソースを追加しただけです。それだけで、後はリソースマネージャーが端末の種類や設定に応じて、自動的にリソースを切り替えてくれるのです。

Androidでは、リソースマネージャーを理解した上で適切に使えば、コードを一切書かなくても、さまざまな端末の解像度や向きにアプリを対応できます。

また、リソースマネージャーが管理しているのは画面のみならず、言語やメニュー、画像なども管理しているので、それらも同様、修飾子をつけることで、適宜環境に合わせて切り替えができます。

そこで次回は、ユーザーの設定に応じた表示言語の切り替えなど、画面以外のリソースの切り替えとその実例。また、トラックボール未搭載機種へ対応する為のリソースの用意について解説していきます。

著者
有山 圭二(ありやま けいじ)

有限会社シーリス代表。日本Androidの会 運営委員。手間暇かけてくだらないことをするのが大好きで、2007年11月にAndroidの発表を知り「All applications are created equal」の言葉に惹かれて参入。代表的な開発アプリは「MoreLocale 2」、「近藤昭雄シリーズ(憂鬱・退屈)」、「薬検索」など。twitter ID: keiji_ariyama

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています