PR

ユーザーの生産性を高めるWindows Phone

2010年5月19日(水)
石川大路

Windows Phoneを選ぶメリット

多種多様なスマートフォン・プラットフォームが存在する中で、Windows phoneを選ぶメリットとは何か。主にエンドユーザーの視点に立って説明したい。

第1は、その端末形状とキャリアの豊富さである。前回でも触れたとおり、 Windows Phoneは現在、国内の全主要キャリアから、多種多様な形状の端末が発売されている。例えばメールを重視する人はフル・キーボード付き、 ネットの閲覧を重視する人はフル・タッチといったように、ユーザーは自身の用途に合わせた形状の端末を選ぶことができ、 料金プランも好きなキャリアから幅広く選ぶことができる。

第2に、Windows 搭載パソコンはもちろんのこと、インターネット・サービスとの親和性が高い点だ。 Windows パソコンとの接続がUSBやBluetoothで簡単に行え、音楽データやオフィス・ドキュメントなどの移行や同期などが容易となっている。 また、Hotmail(無料のウェブ・メール)、SkyDrive(25GBの無料オンライン・ストレージ)といった無償オンライン・サービス群「Windows Live」 などとの連携が用意な点もメリットだ。

もちろんフル・ブラウザを搭載しているので、その他の主要なウェブ・サービスやFlashのコンテンツも、PCと同じ感覚で利用することができる。 標準ではInternet Explorerのモバイル版が搭載されているが、PCのInternet Explorerをベースに開発されているため、 当然PCサイトとの互換性や閲覧率も非常に高い。またAbode社のFlashにも対応している。 動的なウェブ・ページなどもPC向けと近い形で閲覧ができるのは、Windows Phoneならではの強みだ。

図1:Office 2010 Mobileの画面

Office Mobile/クラウド・サービスとの連携

第3に、モバイル版のMicrosoft Office、Office Mobileが搭載されているということ。 パソコンでWordやExcelなどのOffice文書を利用しているビジネスマン・ウーマンは、 外出先でも電子メールなどに添付されているドキュメントをチェックできる。Office文書などはネイティブでその形式をサポートしているため、 メールに添付されているものやSDカードに保存されているものも変換なしでそのまま開くことが可能だ。

もちろんPC版のOfficeとは機能差があるが、モバイルで必要となる機能を抽出して、端末側でもOffice文書の閲覧、編集が可能となっている。

最後に、マイクロソフトが提供する包括的なクラウド・サービスも、Windows phoneユーザーにとってのメリットといえる。 前述のWindows Liveに加え、Windows Phoneのユーザーであれば、端末のアドレス帳や写真、 音楽等をクラウドにバックアップできるサービス「Microsoft My Phone」を、無料で利用できる。 端末側のアドレス帳データや予定、また写真といったデータをMy Phoneサービスで定期的に吸い上げバックアップを取っておくことができる。 ユーザーはバックアップ中も通話や操作が可能で、バックグラウンドでクラウドとデータ同期されていることを意識する必要がない。

1997年マイクロソフト入社、法人向けセールスエンジニアを経て、2000年より新規ビジネスとしてマイクロソフトのモバイルビジネス立ち上げを行う。その後、マイクロソフトのモバイルまた組み込みビジネス関連の製品を担当し、現在ではWindows phoneのコンシューマー向けプロダクトマーケティングを担当。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

ユーザーの生産性を高めるWindows Phone | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。