PR

Windows Phoneのビジョンと戦略

2010年5月12日(水)
越川 慎司

はじめに

マイクロソフトが1998年に最初の携帯端末向けOSをリリースして以来、約12年の歳月が経過している。 当初は「パームPC」や「ポケットPC」と呼ばれたPDA(携帯情報端末)向けにOSを提供していたが、2005年、 ウィルコムよりWindows Mobile搭載の「W-ZERO3」の発売が開始されて以降、コンシューマー市場においても「スマートフォン」は浸透していった。 昨年は、ついに日本の主要通信キャリアすべてからWindows Mobile搭載のスマートフォンが発売されるようになった。

現時点で最新のOS、Windows Mobile 6.5.3搭載の新端末も先日KDDIより発表され、今後も続々と新機種が発売される予定だ。 マイクロソフトとしては、OSの進化と、携帯機器を取り囲むウェブサービスとの連動を通じて、新たなユーザー体験を提供し続けたいと考えている。

クラウド戦略の中でのモバイルの位置づけ

マイクロソフトは、PC、モバイルはもちろん、TVなど皆さまの前にあるすべてのスクリーンで「最高のユーザー体験」を提供していく、 という、「3スクリーン+クラウド戦略」を提唱している。

クラウドという言葉が昨今非常に脚光を浴びているが、企業システムにおける情報システムのアウトソーシングや、 単なるウェブアプリケーションとしてとらえられていることも多い。クラウドサービスにおいて重要なことは、 インターネットに接続されているすべてのスクリーンから利用でき、各スクリーンに最適化されたものを提供することだと弊社は考えている。 その意味で、常時電源が入り、ネットワークに接続されている携帯電話は、弊社の提唱するシナリオが最も具現化しやすいスクリーンだと考えている。

例えばWindows Phone向けには、無料で携帯電話のデータをクラウド上にバックアップできる「Microsoft MyPhone」、 多数のアプリを携帯電話から直接購入できる「Windows MarketPlace for Mobile(以下MarketPlace)」を提供している。 今後モバイル分野においては、OSの進化だけではなく、こういったサービスの進化と連携が鍵になると考えている。

  • 1
マイクロソフト株式会社 コンシューマー&オンライン事業部 コンシューマー&オンライン統括本部 モバイルコミュニケーション本部 本部長

国内通信会社などを経て米・マイクロソフトに入社。現在マイクロソフト株式会社 コンシューマー&オンライン事業部にて、日本国内のWindows Phoneビジネスを統括する。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

Windows Phoneのビジョンと戦略 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。