PR

【写真で見る】Money 20/20会場に見るITとFinanceの融合

2017年12月5日(火)
松下 康之
Money 20/20レポート最終回は、カンファレンス会場に集った大小さまざまな企業のブースのようすを紹介する。

ITとファイナンスのカンファレンス、Money 20/20の連載、最終回は出展各社のブースを紹介しよう。Money 20/20が特徴的なのは、ユーザー企業である銀行や証券会社などもブースを構えていることだろう。さしずめOpenStack SummitにKDDIや楽天などがブースを出す、モーターショーにレンタカー会社がブースを出す、そんな感じかもしれない。

またもうひとつの特徴が、中国系のベンダーの多さだろう。特に中国との越境ECや送金サービスなど、中国の規制の多さを逆手に取ったサービスを展開する企業が出展しているのだ。最近流行りの人工知能、機械学習などについても、各社が力を入れているトピックだ。

銀行や証券会社のブースはサロン的な造りがメインで参加者がくつろげること、そして対話が弾むことを目的としているように見える。

イギリスの大手銀行であるHSBCのブース

イギリスの大手銀行であるHSBCのブース

HSBCはブースの真ん中にカフェカウンターを設置して、カフェラテやエスプレッソなどを提供していた。

JPMorgan Chaseのブース

JPMorgan Chaseのブース

JPMorgan Chaseも対話のためのスペースがメイン。要はMoney 20/20に来場する顧客をもてなすのが目的だろう。

Master Cardのブース

Master Cardのブース

MasterCardのブースはもっとあからさまに、上客は2階の特別なスペースで打ち合わせができるように設計されている。

NCRなどの老舗ITベンダーも出展していた。NCRは元の名前が「National Cash Register」であることを考えると、金融のイベントに出るには相応しいかもしれない。

NCRのブース

NCRのブース

またアメリカでは「知らないビジネスマンはいない」と言い切れるIntuitもブースを出展していた。

Intuitのブース

Intuitのブース

IntuitはQuickBooks、TourboTax、Quickenという会計ソフトなどで有名だが、今回のMoney 20/20 2017においてはTurboTaxという税申告のためのソフトウェアと、2009年に買収した資産管理のMintを統合したTurboというサービスを発表した。これは個人の税申告だけではなく、支出の管理から資産管理全般に手を出そうという意志の表れだろう。

Intuit Turboの画面例

Intuit Turboの画面例

ここではある個人が自動車を買おうとする際に、いくらまで借りられるか? を予想するTurboの機能を紹介するスライドが映し出されていた。

スマートフォンの雄、サムスンのブース

スマートフォンの雄、サムスンのブース

サムスンも大きなブースを構えていた。中で紹介されていたのは、GalaxyとGalaxyに搭載されたBixbyだ。もちろん2階の特別スペースもあり、接待に使われていたと思われる。

ペイメントに特化したサービスを展開しているベンダーもブースを出展していた。彼らのここでの目的は、パートナーのリクルートだと思われる。

中国のLianLian Payのブース

中国のLianLian Payのブース

イギリスのペイメントサービス、Worldpayのブース

イギリスのペイメントサービス、Worldpayのブース

また変わったところでは、イスラエルのベンチャーが揃って出展していた。ひとつひとつの会社は小さいが、セキュリティに強いイスラエルの特徴がハマれば、大化けする可能性もある。

イスラエルブースの各社のロゴ

イスラエルブースの各社のロゴ

また機械学習では、金融業界に特化したベンダーとして昨年も出展していたFeedzaiが大きめのブースで存在感をアピールしていた。

金融特化のAIベンダーFeedzai

金融特化のAIベンダーFeedzai

小さなブースでは日本でもおなじみのTwillio、Boxなどが見受けられた。さらに、最近注目が集まっている機械学習を自動化するベンチャーであるDataRobotもブースを構えていた。

Twillioのブース

Twillioのブース

Boxのブース

Boxのブース

DataRobotのブース

DataRobotのブース

電子決済のPayPalは、自社ブースというよりも会議スペースとして参加者同士が打ち合わせを行えるBraindateというスペースを提供していた。これは「ブラインドデート(Blind date)」のもじりで、参加者の得意な領域と知りたい内容を、アプリケーションを通じて書き込むことでマッチメイクを行い、時間を合わせて打ち合わせができると言うサービスだ。ここで入力されたデータは、PayPalにとっても大いに意味のあるデータであろう。

もちろんPayPalのサービスを知らない業界人はいないわけで、ここではサービスの情報提供を行うよりもスポンサー費を支払ってでもこのカンファレンスに参加する個人の情報を得られるとすれば、やる意味はあったように思える。

PayPalが提供するBraindateのスペース

PayPalが提供するBraindateのスペース

Braindate at the PayPal Lounge

こんなところでも、対話するというアクションが重要視されているのがわかる。

新製品や新機能の紹介、リアルタイムのデモが重要視されるIT系のイベントとは異なり、対話することが基本で、その中で何かを持ち帰ってもらおうという意図が十二分に伝わるイベントであった。初対面の人とはなかなか打ち解けられない日本人には、かなり難易度の高いイベントであることは間違いない。だが、中国からの参加者も多数見受けられたし、出展している中国系ベンダーの元気の良さは、日本の金融及びIT業界人も見習うべきだろう。

フリーランスライター&マーケティングスペシャリスト。DEC、マイクロソフト、アドビ、レノボなどでのマーケティング、ビジネス誌の編集委員などを経てICT関連のトピックを追うライターに。オープンソースとセキュリティが最近の興味の中心。

連載バックナンバー

システム開発イベント
第4回

【写真で見る】Money 20/20会場に見るITとFinanceの融合

2017/12/5
Money 20/20レポート最終回は、カンファレンス会場に集った大小さまざまな企業のブースのようすを紹介する。
セキュリティインタビュー
第3回

Money 20/20:IDEMIAのデジタルとフィジカルのカードビジネスの責任者に訊くデジタル金融の世界

2017/12/1
IDEMIAのデジタル認証とクレジットカードの両部門のVPに、IDEMIAが指向するデジタル金融についてインタビューを行った。
セキュリティインタビュー
第2回

新ブランドとなったIDEMIAの金融機関向けBU責任者が語るIDEMIAの未来

2017/11/30
OberthurとMorphoが合併し、新たにIDEMIAと名乗る認証技術の巨大企業が誕生した。同社の金融機関向けBUトップに話を訊いた。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています