PR

サーバー管理の基本

2008年9月5日(金)
伊藤 千光

Webサーバー「Apache」

 本連載では主にWebサーバーの活用方法を扱っていきますが、ひと口にWebサーバーといってもいろいろな製品があります。その中でも最も多くのWebサイトで使われているのが、オープンソースのApache HTTPサーバー(http://httpd.apache.org/)(以下、Apache)です。最近は多少シェアを落としているものの、Netcraft社の直近の調査(http://news.netcraft.com/archives/2008/07/07/july_2008_web_server_survey.html)では、全世界の49%のドメインで採用されているそうです。

 Apacheは豊富な設定項目を持ち、柔軟なカスタマイズが可能なことから、特に安価な共有レンタルサーバーでは圧倒的な支持を得ています。この連載の主なターゲットもそういったレンタルサーバーですので、これ以降はApacheを前提として設定方法を解説することにします。

 そのほかのWebサーバーとしては、エンタープライズ分野に強いMicrosoft社のIIS(http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2003/iis/default.mspx)や、動作が軽く高負荷なサイトに適しているlighttpd(http://www.lighttpd.net/)などの採用が多いようです。また、近年ではmongrel(http://mongrel.rubyforge.org/)やTomcat(http://tomcat.apache.org/)などの開発言語に特化したWebサーバーや、Apacheと高い互換性を保ちつつ高速に動作するLiteSpeed(http://litespeedtech.com/)など、新しいWebサーバーも多く開発されています。要求の多様化に合わせて、今後はさまざまなWebサーバーが適材適所で使われるようになっていくのかもしれません。

.htaccessの概要

 Apacheは非常に柔軟性の高いWebサーバーであると書きましたが、それを象徴する機能が「.htaccess」です。.htaccessはApacheの設定をディレクトリ単位で変更できる設定ファイルで、多くのレンタルサーバーで設定変更の手段として利用されています。この連載で紹介するテクニックの多くもこれを利用しますので、ここで概要を解説しておきます。

 ApacheはWebブラウザからのアクセスがあると、サイトのルートディレクトリからアクセスされたURLまで、順番に.htaccessの存在をチェックしていきます。.htaccessが見つかると、そこに記述された設定を適用し、さらに下層のディレクトリの検索を続けます。このプロセスですべての.htaccessを適用した後に、実際にファイルにアクセスしてWebブラウザにデータを返します。

 CGIの実行許可を例にして.htaccessの動作を図示したのが図2です。Webサイトのルートにある.htaccessがCGIの実行を禁止しているため、「aaa.cgi」は実行できません。しかし、サブディレクトリ内の.htaccessがそれを上書きするので、「bbb.cgi」は実行可能です。このように、Webサイトの階層構造を利用して、わかりやすく柔軟な設定が可能です。

 .htaccessの優れている点は、設定を記述するファイル(.htaccess)がWebサイトのコンテンツと同じディレクトリに存在することです。これなら.htaccessをFTPなどの通常の手順で作成・更新できますので、安価な共有レンタルサーバーでも柔軟な設定変更ができるというわけです。

 なお、一部のレンタルサーバーサービスでは、さまざまな理由で.htaccessの機能の一部、もしくはすべてを無効にしていることがあります。レンタルサーバーを選ぶ際には、事前にどのような機能が利用できるかを機能表やFAQなどで確認し、選択の基準にするとよいでしょう。

白髪になってもプログラムを組んでいたい、元ゲームプログラマーのWebエンジニア。いくつかのゲーム会社を渡り歩いた後、2007年にWebの世界に転身。現在はRuby on Railsを用いた業務システムの開発に従事している。ブログでの情報発信も精力的に展開。WebOS Goodies : http://webos-goodies.jp

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています