PR

世界中で愛される書体、ヘルベチカとは

2008年12月15日(月)
米倉 明男

思想を持って生まれたユニバース

1957年に、偶然にもヘルベチカと同じ年に生まれた、もう1つの20世紀を代表するサン・セリフ体に「Univers(ユニバース)」(図2-1)があります。ユニバースは、フランスのドベルニ・アンド・ペイニョ活字鋳造所で、スイス人タイプ・デザイナーのアドリアン・フルティガー(Adrian Frutiger)の手によって生まれました。

ヘルベチカは、もともと広告見出し用として生まれた書体にも関わらず、結果として本文組にもデザイナーに選ばれたのに対して、ユニバースは最初から本文組を目的として誕生した書体です。

それまでの組版は、見出しにサン・セリフ、本文組にローマン体(セリフ体)という使い方をしていましたが、ユニバースは設計当初から21種類のファミリーで構成され、見出しから本文まで1つのスタイルで統一性を持って使えることを前提としていました。このことは、合理的で装飾の排除を好むスイス・スタイルのデザイナーたちに指示されました。

スイス・スタイルデザインの代表的な存在で、バーゼル造形学校の教授だったエミール・ルダー(Emil Ruder)は、1967年デザインを学ぶ学生向けに「Typography : A Manual of Design」という本を出版しています。この本の中でルダーは、サン・セリフ体ユニバースを全面的に使用し、ユニバースを使ったタイポグラフィの実験を数多く披露しています。この本は現在でも、多くの学生に読まれて、グラフィック・デザインの教科書として世界中に広く伝わっています。

ユニバースの特徴

アドリアン・フルティガーは書体設計の見本として、前回(http://thinkit.jp/article/715/1/)紹介した15世紀の印刷物ニコラ・ジェンソンの活字を骨格として、ユニバースを設計したと述べています。ニコラ・ジェンソンのローマン体が持つ「白」と「黒」の空間バランスを元に、ローマン体の読みやすさ、視認性を現代のサン・セリフ体で再現したのです。

またユニバースは、多言語で使用しても、同じ様な読みやすさを実現できるように設計されています。例えば、ドイツ語は英語などに比べて、文中に大文字を多く使用します。通常、ドイツ語圏以外で作られた書体では、大文字が頻繁に登場すると、その部分が強調され、長文が読みにくくなると言われています。

その点ユニバースは活字のXハイト(図2-2)を高く設計し、本文中での大文字と小文字の使用頻度にかかわらず、同じ様な濃度で読みやすく見えるように設計されています。

ヘルベチカは19世紀のサン・セリフ体をベースにして、改刻し作られたのに対して、ユニバースは15世紀のローマン体をベースにしています。一見似通ったこの2つの人気書体は、全く異なる背景と思想を持っているのです。ユニバースは、ローマン体をベースとしていることから、有機的な印象を受ける活字書体とも言えます。

また、ユニバースはヘルベチカと比べると、文字を組む難易度が高く、ある程度の文字組スキルが必要となります。ヘルベチカのように、単純に詰めたり広げたりするだけでは、どうしても不格好な文字組になるため、第1回(http://thinkit.jp/article/706/1/)で紹介したように、文字間濃度を見定めて調整していくことで、美しい文字組が表現できるようになります。

このことから(あくまでも筆者の印象として)、タイポグラフィに造形の深いデザイナーほど、サン・セリフ体ではヘルベチカよりも、ユニバースを選ぶ傾向が強いように思えます。

Webデザイナー。印刷会社、Web制作会社などのデザイナー/ディレクターを経て、2007年からフリーランスとして活動。デジタルハリウッド講師。http://www.morethanwords.jp

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

世界中で愛される書体、ヘルベチカとは | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。