PR

ファイルサーバ乱立を統合ストレージで解決!

2008年11月25日(火)
シンクイット編集部

「作成されるデータ量>ストレージ容量」の現実

 企業内には数多くのファイルサーバが立ち上がっていることが多く見受けられる。多くはWindowsサーバの内蔵ディスク、もしくはにDAS(直接接続型ストレージ)形態で接続したシステムになっている。だが、この「DASを使用するサーバ」というアプローチは、サーバの増加、使用率の低下、非効率なバックアップにつながりやすい。また、管理オーバーヘッドが高くなるため、システム拡張も困難である。

 このような場合は、システムをファイバ・チャネルSANに移行することも容易ではない。

 そこで、既存のネットワークで接続できる専用NASを導入することで課題の解決を考えてみよう。既存のLANインフラストラクチャに接続することにより、ファイルまたはブロックのどちらを保存しているかにかかわらず、すべてのDASを専用NASに統合が可能である。ここでは、Windowsファイルサーバ乱立の傾向と、具体的な対策方法について解説する。

 企業において保管されるべきデータは増加する一方だ。IDCの最新の報告では、すでに2007年の時点で毎年生成されるデータ量が実ストレージ容量を上回っているという(図1)。

 このデータ量の増加に対し、なぜストレージ容量は増えていないのだろうか。その要因のひとつとして、増え続けるデータ量に見合ったIT投資が行えないことがあげられる。

 限られたIT投資の中で必要なデータを確実に保存できる環境を整えるためには、長期的な観点に立ったストレージの確保が急務だ。そこで本記事では、このギャップが生まれる原因から解決の道筋までを紹介していく。

データ量増加の原因は非構造化データにある

 現在増加しているデータには大きく分けて「構造化データ」と「非構造化データ」の2種類がある。特に増加が著しいものが非構造化データで、これはビジネスで利用・保存されるべきデータが変化している現れとも言える。

 この非構造化データは、これまで紙で管理していた書類の電子化や、オフィスドキュメント、画像、映像、リッチコンテンツなど、従来は各ユーザが個別のPCに保存していたものである。情報の共有の観点から、これらのファイルをファイルサーバ上で管理するという形態が注目されているほか、コンプライアンスの観点から一定期間データを保存しておく必要が生じたことも、データ量の増加の要因となっている。

 このような非構造化データの保存先は、安価なIAサーバを使って部門ごとにWindowsファイルサーバを構築/運用しているケースが多い。しかも専任ではない人員が運用にあたっている場合、運用のポリシーに一貫性が無く、非常に無駄の多い環境となっている。次ページでは、この問題点について見ていこう。

  • 1
著者
シンクイット編集部

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています