PR

Flashでムービープレーヤーを作ろう!

2008年6月26日(木)
吉田 光利

再生スライダーの作成

 デュレーションを取得することができたので、再生スライダーを作成することができます。

 ENTER_FRAMEを使用して、時間が進むたびに再生ヘッダを進めます。再生ヘッダの位置は、現在再生している時間をデュレーションで割って、バーの幅を掛けることによって導きます。現在時間もtime_now.textに表示させます(図3)。

stage.addEventListener(Event.ENTER_FRAME,function(event){
header.x = 32 + stream.time / duration * range;
time_now.text = String(Math.floor(stream.time));}

 今度は再生ヘッダをドラッグできるようにします。再生ヘッダにはマウスをダウンした場合のリスナーを、ステージに対してはマウスをアップした場合のリスナー登録をします。

header.addEventListener(MouseEvent.MOUSE_DOWN, dragHandle);
this.stage.addEventListener(MouseEvent.MOUSE_UP, offHandle);

 再生ヘッダ上でマウスダウンした場合に決められた範囲内で、ドラッグできるようにします。

function dragHandle(event:MouseEvent):void
{ header.startDrag(false, new Rectangle(bar.x, header.y, range, 0));}

 マウスアップした場合はNetStreamオブジェクトのメソッドであるseekを使って、途中から再生することができます。これで自作の再生ヘッダが完成しました。

function offHandle(evt:MouseEvent) {
var position = (header.x - 32) / range;
stream.seek(duration * position);}

やっぱりFlashは最高だ!

 前回の結びもこのようなタイトルで終わりましたが、今回もやっぱりそう思いました。4回にわたって、Flashについてお届けしたわけですが、いかがだったでしょうか。その可能性には心躍るものがあったのではないでしょうか。

 Flashは万能で、いろいろできるのですが、今回のような音と映像は特に可能性を感じる分野です。今回の連載ではお届けできなかったのですが、Flashビデオをインタラクティブに扱える、PIPコンテンツやWebアプリケーションとFlashの連携によるリッチコンテンツなど、Flashでできることは奥が深そうです。筆者もこれらのことを、もっと追及してよいコンテンツ作りに励みたいと思っています。皆さんもFlashのエキサイティングなテクノロジーを使って、コンテンツ作りを楽しんでください。

BRIANS PET TOKYO主催者 WebデザインからRuby on RailsでのWebアプリ構築までをトータルに行うWebコンテンツデザイナ。現在はBRIANS PET TOKYOにてWebアプリケーション「DORIBAR(ドリバー) 」を開発中 http://brianspet.com

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

Flashでムービープレーヤーを作ろう! | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。