PR

三つどもえ異種OS通信・共有大決戦!

2008年6月27日(金)
のに子

案外めんどかったのがTelnet

 次にtelnetサーバです。クライアントと込みで、同じくWindowsの機能として有効化します。

 Windowsがサーバですので、UNIX系のほうは、今度はほかのクライアントさまに御登場願いましょう。

 Telnetのクライアントさまはピカピカの新人君、OpenSolaris 2008.5(http://www.thinkit.co.jp/article/82/1/)。最近のLinux系ではtelnetが標準で使えなくなっているものが多い中、こちらは当たり前のようにtelnetが打ち出せます。

 と思ったらつれないVistaから、ピシャンとアクセス拒否です。ガッ!?

 大丈夫、ちゃんとマイクロソフトの「Telnetサーバーへのアクセスを許可する(http://www.microsoft.com/japan/technet/windowsserver/2008/library/22b0b471-1fa8-419d-ba60-b0afa1455429.mspx?mfr=true)」という文書にありました。

 作業は「管理ツール」「ローカルユーザーとグループ」で行います。「Telnetサーバー」を有効にしたことで、「TelnetClients」というグループがすでにできています。これに、Vistaのユーザ名を追加してやればいいのです。あとはOpenSolarisから、Vistaのユーザ名とパスワードでログオン。

LinuxとはSUAのSSHで

 ではLinuxはと言うと、SSHを使うのが主流です。

 Windowsの機能にはSSHはありませんが、「第3回:SUAのコミュニティに潜入!(http://www.thinkit.co.jp/article/86/3/)」で怒とうのインストールを敢行したInterix用パッケージのOpenSSHがあります。

 まず、クライアントを試してみましょう。SUAのシェルから、ほかのサーバさまにsshコマンドでアクセスしてみます。ハイ、全く問題なし。

 さてSUAはSSHサーバになれるのでしょうか。今度はLinuxのクライアントさま御登場です。

 今度はさらに執筆時点(2008年6月16日)でデビュー前のOpenSUSE11 RC1君です。数日後の2008年6月19日に正式版がリリース(http://news.opensuse.org/2008/06/19/announcing-opensuse-110-gm/)されました。

 OpenSUSEからSUAをsshで呼び出してみます。応答がありません。

 あッ。気がつきました、ファイアウォールです。いつもなら「怪しき者がお目通りを願っておりますが追い払いますか」というウィンドウが出て「構いませぬ、通しやれ」と申してつかわせばいいのですが、SSHはWindowsの直接の機能ではないのでふさがったままなのです。

 ポートを開けるのはWindowsからGUIでできます。「コントロールパネル」で「セキュリティ」の設定から、「Windows ファイアウォールによるプログラムの許可」を選びます。

 「SSH」というプログラムは想定されていないので、「ポートの追加」で22番を直接指定して開いてやります。

 つながりました。おまけにOpenSUSEのKDE4では、FISH(FTP over SSH)というプロトコルで、KDEのファイルブラウザで直接Vistaのフォルダを操作できるのです。

 ユーザはそれが魚か野菜かを気にする必要はありません。グラフィカルな「ネットワークプレースの追加」ウィザードで、プロトコルに「SSH」を設定するだけ。共有フォルダ名は、SUA形式(/dev/fs/C/Users/nonikoのような)を指定します。

 さて本連載「SUAって何だ!」4週間お楽しみいただけましたでしょうか。「UNIX系の勉強をしたいけど、別途導入できない」事情がある方、Vista Ultimateをお持ちなら使って見られればよいのデハ。むしろ何から何まで揃っちゃってる昨今のPC-UNIXより、冒険できて面白いかも知れませんョ。

本名・清水美樹。「パソコンはたしなむ程度」から、36歳主婦業に転じ、以来8年間コンピュータを独学。マンガは小学校から。三者の進捗状況は夫によると「同レベルだな」。以前の専攻は選鉱学(いやマジで)・素材工学で、実験一筋。執筆業は読者投稿から。得意分野はこれでもかというほど簡単な入門書。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています