TOP調査レポート> 「戦略アウトソーシング」の根幹をなすSLA




PMOによるSIerの定量評価 〜 外注業務を円滑管理する試み
PMOによるSIerの定量評価 〜 外注業務を円滑管理する試み

第1回:戦略アウトソーシングによる情報組織改革(前編)
日本総合研究所  加藤 克則氏   2006/5/1
前のページ  1  2  3
「戦略アウトソーシング」の根幹をなすSLA

   加藤氏によれば、「戦略アウトソーシング」ではSLA(Service Level Agreement:サービスレベルマネジメント:注1)が大きな役割となっている。SLAによってアウトソーシングの成否は決まり、顧客とアウトソーサーのパートナーシップのあり方で決まるという。
※注1:
サービス提供者(プロバイダ)とサービス委託者(顧客)との間で契約を行う際に、提供するサービスの内容と範囲、品質に対する要求(達成)水準を明確にする。また達成できなかった場合のルールを含めて、あらかじめ合意しておくこと。明文化した文書、契約書を指す場合もある。

日本総研のSLAの活用/出所:日本総研資料
図3:日本総研のSLAの活用
出所:日本総研資料
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

加藤 克則氏    アウトソーシングの形態にかかわらず、SLAによって情報組織が提供するサービスを定量評価する指標は必要である。しかしSLAが必要な理由の説明については、サービス提供側と享受する側で意思の疎通をはからなくてはならない。
SLAの必要性/出所:日本総研資料
図4:SLAの必要性
出所:日本総研資料
(画像をクリックすると別ウィンドウに拡大図を表示します)

前のページ  1  2  3


日本総合研究所  加藤 克則氏
プロフィール
日本総合研究所  加藤 克則
産業ソリューション事業本部 戦略アウトソーシング・コンサルチーム シニアコンサルタント。


INDEX
第1回:戦略アウトソーシングによる情報組織改革(前編)
  従来のアウトソーシングの弱点を克服する戦略アウトソーシング
  ITの恩恵は活用するものであり、自前で用意しなくてよい
「戦略アウトソーシング」の根幹をなすSLAは