TOP調査レポート> 2007年Think ITが注目する記事・プロダクトはこれだ! (3/3)




IITACアワード2007発表

IITACアワード2007発表

2007年Think ITが注目する記事・プロダクトはこれだ!

著者:シンクイット編集部

公開日:2007/12/26(水)

IITACアワード「Most Impact-IT賞」

小田切氏:「Most Impact-IT賞」は、単にページビューが高いものというよりは、「ここは注目しておいたほうがいい」を選出します。ただ、もちろんビューの高さも基準の1つとしては重要ですね。

濱野氏:先ほどあげた注目キーワードとしては「OpenLDAP」と「開発ドキュメント」「プロジェクト管理ツール」「秀丸エディタ」がありますね。

記事評価の数のデータももらっていますが、その面ではThink ITが特集記事の掲載をはじめたときに掲載された「PHP開発プロジェクトの夢と現実」が注目されていたようです。そうとう刺激的なタイトルなので、賛否両論でることは間違いないでしょう

小田切氏:Think ITでは定常的にみられるコンテンツと一気にビューが高まるコンテンツの2つがあるのですが、伸び率ベースでみると「徹底比較!! OSSプロジェクト管理ツール」と「完全先取り! iPod touch開発」が高いです。

濱野氏:一般的なアワードの路線でいえば、プロジェクト管理ツールか統合監視ツールのような、システム管理者や開発者がオープンソースを活用できる記事をチョイスしてもよいと思いますね。

小田切氏:こういった記事は網羅性があるから、ページビューがあがるのだと思います。そういう意味ではある1つのプロダクトを取り上げて、さらにビューが高いものがよいのではないでしょうか。

濱野氏:そうですね。まっとうなページビューベースはThink ITの2007年のランキングに譲るとして、ここはでは刺激的であり、記事として面白いものを選ぶべきでしょう。2008年の年末まで、このIITACアワードの記事が上位にランキングされているくらいの勢いが必要ですよ(笑)。

小田切氏:その基準でいけば「PHP開発プロジェクトの夢と現実」か「『秀丸エディタでプログラミング』のキホン」のどちらかでしょう。敢えてEclipseではなく「は〜、そうきたか」と読者に思ってもらいたいです。

濱野氏:今回の「Most Impact-IT賞」は「『秀丸エディタでプログラミング』のキホン」を選出して、ぜひ秀まるおさんに直接受賞の盾を渡しに行く記事を期待しています。「挑戦・500円でどこまで買える!?」じゃないですが、5,000円握り締めて編集者の誰かが秀まるおさんのところまでたどり着けるか、読んでみたいですよ。

「Integral Useful-IT賞」
「Best Attract-IT賞」
「Most Impact-IT賞」

それに、いつの時代でも「やっぱりviがいい」とか「emacsじゃなきゃだめだ!」という人がいますよね。LinuxやUNIX、オープンソースの文化は、細かいツールを組み合わせて活用するところにエンジニアとしての醍醐味があると言います。それとおなじように世の中には「やっぱり秀丸エディタがいい」という人もいるところが、面白いと思います。

小田切氏:OpenLDAPとMac OS Xと秀丸エディタの3つが賞に入るのは、ある意味でバランスがいいですね。これがThink ITに期待する方向性といえるのではないでしょうか。

濱野氏:よそのメディアがやらないような記事やプロダクトを敢えて選ぶという方向性ですね(笑)。


前のページ  1  2  3

INDEX
2007年Think ITが注目する記事・プロダクトはこれだ!
  IITACとは
  IITACアワード「Integral Useful-IT賞」
IITACアワード「Most Impact-IT賞」