PR

Samba & Windows、機能詳細比較

2004年12月14日(火)
小田切 耕司

WINS機能


 
機能
Samba 3.0
Windows Server 2003
WINSサーバ


WINSクライアント


WINS複製
×

WINS静的マッピング

wins.datの直接編集


WINSとDDNSとの連携

wins hook機能

×

Windowsマシンの名前解決機能


   SambaはWINS(Windows Internet Name Service)サーバになることができるが、複製(Secondary)が用意できないのが欠点となっている。当初Samba 3.0のロードマップに入っていたのだが、未だに機能は提供されていない。WINSの複製機能がない場合、WINSサーバとなっているPDC(プライマリドメインコントローラ)が障害で停止するとBDCが同一セグメントにないとBDCにログインできないことがある。これを防ぐには、下記のような対策をとればよい。

  • 各拠点や各セグメントにBDCを配置する。
  • WINSの静的マッピングを使いBDCもWINSサーバにする。
  • WINSサーバをHAクラスタ構成にする。

ブラウジング

機能
Samba 3.0
Windows Server 2003
ドメインマスタブラウザ

ワークグループ構成でも可能


リモートアナウンス

任意のワークグループ、
ドメインにも可


信頼するドメインのみ

ポテンシャルブラウザ


ネットワークコンピュータ一覧提供機能


   ブラウジングに関してはWindowsと同等といえるが、先に述べたWINSサーバで複製ができないことによる制限がある。Sambaにはこの欠点を補うためにenhanced browsingという機能を提供しており、WINSサーバに登録されたDMB(ドメインマスタブラウザ)とブラウズリストを交換しあう、Windowsにはない機能を搭載している。

オープンソース・ソリューション・テクノロジ株式会社

早稲田大学理工学部電気工学科卒業三菱電機計算機製作所に入社し、汎用機、UNIX、Windowsの開発を 経てミラクル・リナックス社へ2001年入社Sambaとは1996年からの付き合い。日本初のSamba解説本を執筆し、Samba日本語版を最初に開 発した。日本Sambaユーザ会の設立にも寄与し、初代代表幹事を務める。日本Webminユーザーズグループの副代表幹事などもつとめ、最近は Linuxコンソーシアムのセキュリティ部会のリーダなどもつとめている。    

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています