PR

教科書的ではなく、現場にあったデータベース設計のコツ

2006年4月24日(月)
梅田 弘之(うめだ ひろゆき)

階層構造(パス方式)


   再起型の検索方法を解決するために考えられたのが、「祖先をすべてパス情報として持つパス方式」です。図3はパス方式のエンティティです。図2の「親カテゴリ番号」の代わりに「カテゴリ番号パス」というアトリビュートを文字列型で用意しています。

階層構造を持った商品カテゴリ(パス方式)
図3:階層構造を持った商品カテゴリ(パス方式)

   表3はパス方式のデータ例です。この方式は該当項目の親だけでなく、階層トップから自分に至るまでのカテゴリ関連をパスの形で持っているのが特徴です。図3ではパスの連結記号に「~(チルダ)」を使っていますが、「\」を使ってもかまいません。

   この方式のメリットは再帰検索にならないことです。例えば、表2のように「パソコン(カテゴリ番号011)関連の商品の売上合計を求める」という命題があった場合、表3のような条件で1回の指定で対象カテゴリデータを抽出できます。階層がどんなに深くても一発で検索できる便利な方式なので、階層構造のテーブル設計時に試してみてください。

検索条件
where カテゴリ番号パス like ‘%011~%’

カテゴリ番号 カテゴリ番号パス カテゴリ名
01 01~ ハードウェア
011 01~011~ パソコン
0111 01~011~0111~ 本体
0112 01~011~0112~ モニタ

表3:階層構造を持った商品カテゴリ(パス方式)のデータ


どこまで非正規化を行うかの判断


   データベース設計で迷う点は、どこまで非正規化を行うかということではないでしょうか。一般に技術者は正論をいう傾向が強いので、「正規化は崩すべきじゃない」と主張する人が多いようです。しかし実際にシステムを構築する立場からすると、一概にそうともいい切れません。

   図4は「Northwind」の「受注」「受注明細」と「顧客」「商品」エンティティです。このようなシンプルな構造においても、次のように非正規化を行うかどうかを考えるポイントは少なからずあります。以下、順番に考察してみましょう。

  1. 「受注明細」に金額を持つか
  2. 「受注」に合計金額を持つか
  3. 「受注」に顧客名、「受注明細」に商品名を持つか

表4:非正規化を行うかどうかを考えるポイント

Northwindの受注と顧客、商品エンティティ
図4:Northwindの受注と顧客、商品エンティティ


「受注明細」エンティティに「金額」項目を持つか


   図4は「受注明細」エンティティに「セット単価」という項目を持っています。「商品マスタ」にも「セット単価」という項目がありますが、「商品マスタ」の「単価」は変更される可能性があるので、「受注明細」エンティティに項目を持つのは当然といえます。また関係を明確にするために、「受注明細」エンティティの項目名を「受注時セット単価」とする人もいます。

   「受注明細」エンティティの「セット単価」×「数量(これも受注数量という項目名にする人もいます)」が金額となりますが、この金額を受注明細の項目に用意しておくかどうかはちょっと迷います。この例のようなシンプルな構成なら、正規化したまま項目を持たないということでもよいでしょう。

   しかし実際のシステムには消費税計算があって、受注時の消費税率やその丸め誤差の処理なども計算に加わります。その結果、消費税マスタの消費税率や丸め誤差の処理方法が後で変更された場合でも、受注明細の金額が変わってはいけません。

   また金額がセットされていないと、BIツールなどで商品別受注金額などを集計する際に、いちいち計算で求める必要が生じます。それらを総合的に考慮した場合、明細列に金額を用意する方法が処理しやすいという判断も十分ありえるでしょう。

著者
梅田 弘之(うめだ ひろゆき)
株式会社システムインテグレータ

東芝、SCSKを経て1995年に株式会社システムインテグレータを設立し、現在、代表取締役社長。2006年東証マザーズ、2014年東証第一部上場。

前職で日本最初のERP「ProActive」を作った後に独立し、日本初のECパッケージ「SI Web Shopping」や開発支援ツール「SI Object Browser」を開発・リリース。日本初のWebベースのERP「GRANDIT」をコンソーシアム方式で開発し、統合型プロジェクト管理システム「SI Object Browser PM」、アプリケーション設計のCADツール「SI Object Browser Designer」など、独創的なアイデアの製品を次々とリリース。最近は、AIを利用したサービスに取り組んでいる。

主な著書に「Oracle8入門」シリーズや「SQL Server7.0徹底入門」、「実践SQL」などのRDBMS系、「グラス片手にデータベース設計入門」シリーズや「パッケージから学ぶ4大分野の業務知識」などの業務知識系、「実践!プロジェクト管理入門」シリーズ、「統合型プロジェクト管理のススメ」などのプロジェクト管理系、最近ではThink ITの連載をまとめた「これからのSIerの話をしよう」「エンジニアなら知っておきたいAIのキホン」を刊行。

「日本のITの近代化」と「日本のITを世界に」の2つのテーマをライフワークに掲げている。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

教科書的ではなく、現場にあったデータベース設計のコツ | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。