PR

オープンソースの監視ソフトウェア「Zabbix 3.4」リリース

2017年8月27日(日)

Zabbixは8月22日(現地時間)、監視ソフトウェア「Zabbix 3.4」をリリースした。

Zabbixは、オープンソースの分散型監視ソフトウェア。サーバ、ネットワーク、アプリケーションの監視を行うソフトウェアで、サーバやネットワークに接続されたデバイスを監視する「監視機能」、収集したデータをグラフ化、ネットワークマップの作成を行う「グラフィカル表示機能」、収集したデータに閾値を設定し、障害発生・復旧時に管理者に通知を行う「障害検知/通知機能」を持つ。

「Zabbix 3.4」では、プロキシを経由したリモートコマンドへの対応、複数のデータを一括して取得して処理する機能を新たに実装するなど、いくつかの新機能が搭載された。

「Zabbix 3.4」はGPLv2の下で提供されており、Webサイトから無償で入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
リリースノート

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック