PR

The Computer History Museum、メールクライアント「Eudora」のソースコードを公開

2018年5月26日(土)

The Computer History Museumは5月23日、メールクライアント「Eudora」のソースコードを公開した。

「Eudora」は、1988年に開発が開始され、Macintoshを中心に広く利用されていたメールクライアント。1991年にQualcommに買収され、Windows版も開発された。一方で他のメールクライアントの台頭もあり、2006年に商用版の開発が中止され、その後オープンソース版も開発されたものの、やがて開発中止となった。今回、The Computer History MuseumはQualcommから商用版のソースコード・商標を譲り受け、ソースコードを公開した。

「Eudora」のソースコードは、Webサイトから入手できる。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
アナウンス

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック