PR

Microsoft、MS-DOSをGitHub上でオープンソース化

2018年10月2日(火)

 Microsoftは9月28日、MS-DOSをGitHubにオープンソースソフトウェアとして公開した。

Microsoftは、2014年にMS-DOSのソースコードを History Museumに公開したが、今回はGitHubでの公開となった。今回公開されたのは、「MS-DOS 1.25」と「MS-DOS 2.0」。GitHubにて公開したことにより、構成ファイル群を発見しやすくなり、また参照しやすくなっているとしている。

 なお、公開されたMS-DOSのソースファイル群は参照目的や実験のためのみに提供され、プルリクエストやソースコードの改変は許可されていない。

MS-DOSのソースファイルはGitHubにて公開されている。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
GitHub

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック