PR

Microsoft、本物のLinuxカーネルを搭載した「Windows Subsystem for Linux 2」を発表

2019年5月9日(木)

Microsoftは5月6日(現地時間)、「Windows Subsystem for Linux 2」を発表した。

 「Windows Subsystem for Linux(WSL)」は、LinuxのELF64バイナリをWindows 10で実行する仕組み。従来の「WSL」ではLinuxエミュレータで動作していたが、「Windows Subsystem for Linux 2(WSL 2)」では、アーキテクチャをほぼ全面的に刷新し、本物のLinuxカーネルを利用して軽量な仮想マシンユーティリティ内で実行するという仕組みになる。ここで用いる仮想マシンは軽量なもので、処理速度は従来のWSLとさほど変わらないとしている。
 
 「Windows Subsystem for Linux 2」は、6月末までに「Windows Insider Program」から提供される予定。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
Blogによる記事

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック