PR

エクセルソフト、ドライバ開発ツール「WinDriver v14.10」リリース

2019年7月23日(火)

エクセルソフトは7月17日、ドライバ開発ツール「WinDriver v14.10」をリリースした。

「WinDriver」は、USBやPCI/PCI-Expressデバイスドライバを開発するツールキット。OSの内部構造やカーネルレベルのプログラミング知識がなくても開発を行うことができるのが特徴。ウィザードによる開発環境、API、ハードウェア診断ユーティリティー、サンプルコードなどによって構成されている。対応OSはWindowsとLinux。

「WinDriver v14.10」では、Visual Studio 2019をWindows版でサポートしたほか、最新のLinuxカーネルへの対応、usb_diag(C、Python、Java)にデバイスのプロパティを表示するメニューオプションを追加するなどの機能強化のほか、バグフィクスなどが施されている。

「WinDriver v14.100」は、通常価格1ライセンス53万9000円(税別)で提供される。

(川原 龍人/びぎねっと)

[関連リンク]
製品情報
リリースノート

※本ニュース記事はびぎねっとITニュースから提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック