PR

OpenStack Days Tokyo 2017が7月20/21日に開催、テーマは「オープン x コラボレーション」

2017年5月17日(水)

OpenStack Days Tokyo 2017実行委員会は5月17日、都内で記者説明会を実施し、7月に開催される「OpenStack Days Tokyo 2017」の開催主旨やみどころなどを説明した。なお、OpenStack Daysは地域ごとに実施されるOpenStack Foundation公認のイベントで、東京開催は5回目となる。

冒頭、OpenStack Days Tokyo 2017実行委員会 委員長の長谷川氏が登壇し、2017年のテーマ「オープン x コラボレーション」について説明。IaaS基盤としてのOpenStackだけにとどまるのではなく、コンテナやオーケストレーションツール、PaaS、ネットワークなどの関連するさまざまなコミュニティとコラボレートしていくという意図が込められている。

続いて登壇した日本OpenStackユーザ会 会長の水野氏は、過日にボストンで開催された「OpenStack Summit Boston 2017」を報告した。基調講演のサマリーとして、OpenStackが導入数が44%増加、Fortune 100企業の50%が利用していることに触れ、適用期に入っていると説明した。今後は以下の5分野に注力していくとのこと。基調講演のその他のトピックとしては、プライベートクラウドが大企業だけのものではなくあらゆるユースケースで活用されていく、新たにRemotely-Managed Private Cloudという形態が出現するなど第2世代のプライベートクラウドに発展しているようだ。

  • OpenStackとは何かを明確に発信する
  • ユーザーから開発者へのフィードバックループの向上
  • 複雑さの改善
  • 個々のプロジェクト単体での活用
  • コミュニティリーダーの育成

また、今回のSummitからの新たな試みとして、「Open Source Days」というOpenStack以外のコミュニティとのコラボイベントが実施されたり、これまで開発者向けのDesign Summitと運用者向けのOps Meetupsとして別々に開催されたものが「Forum」という場に統合され、DevとOpsが議論しアクションに繋げられるような枠組みも設けられた。

最後に長谷川氏はDays Tokyoの見どころとして、キーノート講演にOpenStack FoundationメンバーだけではなくCloud Foundry FoundationのDevin氏を招聘したことや、ユーザー事例としてドワンゴや自治体での活用が大きな発表だと説明。他にもコラボレーションセッションが多数があり、Yahoo! JAPANにおけるKubernetes導入事例、OpenFogコンソーシアムとの対談セッション、DevOpsのトラックなどが準備されているという。

詳細や参加登録は公式サイトをご覧いただきたい。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています