PR

日本オラクル、ストレージ管理ソフトウェアの新製品を提供開始

2013年3月2日(土)

日本オラクルは2月28日、オラクルの統合ストレージ製品「Sun ZFS Storage Appliance」上で稼働する「Oracle Database」のストレージ管理を効率化・簡素化するソフトウェア「Oracle Snap Management Utility for Oracle Database(オラクル・スナップ・マネージメント・ユーティリティ・フォー・オラクル・データベース)」の国内提供を開始した。

「Sun ZFS Storage Appliance」の専用ソフトウェアである「Oracle Snap Management Utility for Oracle Database」は、「Sun ZFS Storage Appliance」独自の各種データ・ボリューム管理機能と連携することで、オラクル・データベースのスナップショットおよびクローンを作成・管理する作業工数を削減する。

アプリケーション開発者やデータベース管理者は「Oracle Snap Management Utility for Oracle Database」により、ストレージ管理者の作業負荷に左右されることなく、さまざまな用途で必要なデータベース環境の構築やデータ保護・移行を実行することができる。また、ストレージ管理者は、煩雑な作業に費やす時間を削減することができ、より戦略的なデータ活用環境の構築に時間とリソースを割り当てることができる。

「Oracle Snap Management Utility for Oracle Database」は「Sun ZFS Storage Appliance」専用の管理ソフトウェアとして、インターネット・ブラウザから直接、スナップショットとクローンの作成を実行することができる。

「Oracle Snap Management Utility for Oracle Database」の特長は以下の通り。

・ユーザー自身で、テスト、開発、品質管理、トレーニングなどの用途にデータベースの複製環境を簡単かつ迅速に作成

従来、データベースとストレージのリソースを別々に用意するのに一定の時間を要していたのと比較して、開発者が数分で新しい環境を作成できるため、製品開発サイクルを短縮できる。

・スケジュール、ポリシーに基づいたデータ保存、スナップショットの管理を自動化

データベース管理者の日常業務をシンプルにし、テンプレートを迅速に展開できるなど、独自の環境を容易に管理できる。

・所要時間内でスナップショットを復帰させることが可能

エラー発生時に以前の状態に簡単かつ短時間で戻すことが可能なため、ソフトウェアの開発プロセスを迅速に展開できる。

・投資の保護とストレージ空間の節約

個々のデータの物理的なコピーを保存する代わりに、ストレージの効率性を高める仮想コピーを作成し、オリジナルとの差分データのみを保存することで、ストレージ容量を節約できる。


日本オラクル
http://www.oracle.com/jp/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック