PR

VMware vCenter Server 6のインストール

2015年4月14日(火)
志茂 吉建

vCenter Server 6の新機能

対応OSプラットフォーム

vCenter Server 6は2つのプラットフォームで提供されています。1つは、Windows用、もう1つは、Linux用(Suse Linux Enterprise ServerをベースとしたvCenter Server Appliance、以下VCSA)です。2つのvCenterでは機能の差はありません。Windows用のvCenterを利用する場合は、当然のことながらWindows Serverのライセンスが必要になります。Linux用はVMwareからアプライアンスとして提供されるのでLinux OSのライセンスは必要ありません。

拡張性

6.0で変更されたvCenterの仮想マシン数などの最大値は以下の通りです。Windows版、アプライアンス版とも差異はありません。

表1:vCenter Server 6の最大数

機能WindowsVCSA
vCenter Server当たりのホスト数10001000
電源を投入できる仮想マシン1000010000
クラスタ台数6464
クラスタ当たりの仮想マシン数80008000
リンクモードの台数1010

新規のPlatform Service Controllerについて

Platform Service Controllerの説明

図1:Platform Service Controllerの説明

Platform Service Controller(以下、PSC)は、バージョン6で追加されたまったく新しいコンポーネントです。PSCはvCenterを利用するのに必要なサービス、つまり、Single Sign-On(SSO)、ライセンスサーバなどを含んでいます。PSCは、vCenter Serverと同じ仮想マシンにインストールする方法(以下、組み込インストール)とvCenter Server以外の別の仮想マシン(外部インストール)にインストールする方法があります。単独のvCenterを利用する場合は、組込み型でインストールします。複数のvCenterでSSOを連動させる場合は、PSCを個別にインストールすることになります。

VMCA証明書の管理

VMCA(VMware Certificate Authority)は、vCenter Server と ESXi の証明書管理機能です。vSphere 6.0以降では、新規のVMware 認証局 (VMCA) が証明書を使用して環境のプロビジョニングを行います。安全な接続用のマシン SSL 証明書、vCenter Single Sign-Onへの認証用のソリューションユーザー証明書、vCenter Serverに追加されたESXi ホスト用の証明書が含まれます。これ以外にも中間証明書としての利用や、新規の証明書の利用といった、柔軟な設定が可能です。

vCenter Server Applianceのインストールと設定

VCSAのインストールが大きく変わっていますので今回はVCSAのインストールを紹介したいと思います。vCenter Server 5.5まではVCSAはOVAファイルとして提供されていましたが、vSphere 6.0ではISO形式でファイルが一式提供されています。インストールはクライアントから実施することになります。対応クライアントとしてはWindows版、Linux版、Max OS版それぞれ提供されています。ここでは、Windows版で実施します。

事前準備

最初に、VMware Client Integration Pluginのインストールを行います。ISOファイルをマウントすると、「vcsa」というフォルダーの中に、「VMware-ClientIntegrationPlugin-6.0.0.exe」というファイルがあるので実行してください。ブラウザ用のプラグインとなりますので、IEやChromeなどのブラウザは事前に終了しておいてください。

インストールは指示に従ってインストールしてください。簡単ですのでインストールの詳細は省きます。また、一般ユーザーで実行している場合は、管理者モードでインストーラを起動しないと失敗しますので注意してください。

株式会社未来科学応用研究所

1996年にシーティーシー・テクノロジー株式会社に入社。プラットフォーム、ストレージ、ミドルウェア関連のサポートやプロフェッショナルサービスに従事。2007年下半期から、VMware仮想化関連のサービス開発やコンサルティングなどを担当。2011年に仮想化関連書籍などを共同執筆。2013年4月から株式会社未来科学応用研究所を設立し、仮想化/OSSコンサルタントとして活動中。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています