PR

SysMLを利用可能なモデリング・ツール「Enterprise Architect」

2010年9月15日(水)
河野 岳史

パラメトリック図をシミュレーション

最後に、SysML専用の機能を1つ紹介します。

世の中には、設計内容を表現したモデルのことを「単なる絵に過ぎない」と考える人がいます。こうした人は、「モデリング・ツールを使わなくても、お絵かきツールやExcel/Power Pointがあれば、それで絵が描ける」と考えています。

汎用のお絵かきツールと、モデリング・ツールの違いは、何でしょうか。違うのは、記述した内容が、単なる表面的な絵ではなく、意味を持ったモデルになる、ということです。Enterprise Architectは、このことを実感できる機能を備えています。SysMLのパラメトリック図をシミュレーションする機能です。

Enterprise Architectでは、パラメトリック図で作成した内容に対し、実際に入力値を設定して、その出力値の変化をグラフとして表現することができます。さらに、その実行結果をCSV(カンマ区切り)形式で出力し、Excelなどの表計算ツールで解析/加工することもできます。

つまり、一言で言えば、「作成したモデルを動かす」ことができるのです。これは、単なる「絵」では実現できません。

設定できる値は、固定値だけではありません。時間など、一定の範囲の中で変化する値を指定することも可能です。例えば、あるパラメトリック図に対して、10秒間の処理を実行し、その値の変化の結果を確認することができます。

作成したモデルを動かせるということは、実装する前の段階、つまりソフトウエアで実装するのかハードウエアで実装するのかさえも決まっていない段階で、動作を試行できる、ということです。「ある入力パラメータに対し、どのような値を設定すると、目的とする結果が得られるのか」を調べることができます。

図3: パラメトリック図を動かして、入力と出力をシミュレーションできる

作成したパラメトリック図の内容は、別のパラメトリック図の中に、「制約ブロック」(Constraint Block)として配置できます。つまり、ある入力/出力を持つパラメトリック図を定義し、シミュレーション機能を用いて動作を確認し、意図した通りに動作するようになった段階で、そのパラメトリック図を「部品」化して、別のパラメトリック図に配置し、再利用できます。

1つのパラメトリック図の中に、複数の「部品」(パラメトリック図)を配置できます。つまり、単純なパラメトリック図を定義して単純な「部品」を構築し、これらの部品を組み合わせて最終的に複雑な部品を作成する、という手順で設計を進めることができます。

このように、シミュレーションを実行できたり、ドキュメントを生成できたり、関係を把握/追跡したりと、1つのモデルをさまざまな方法で活用できます。モデリング・ツールを使ってSysMLモデルを作成することは、単なる「絵」としてSysMLを作成することと比べて、多くのメリットがあります。

SysMLを利用できるモデリング・ツールは、いくつかあります。それぞれのツールがそれぞれに、特徴的な機能を搭載しています。目的に応じてツールを選択できます。今後、SysMLが広まるにつれ、今回紹介したシミュレーション機能のようなSysML固有の機能がさらに増えていくのではないかと考えます。

SysMLを利用する際には、ぜひモデリング・ツールの利用も検討してみてください。効率的な設計作業ができるという面だけでも、十分にメリットがあります。

スパークスシステムズ ジャパン株式会社

スパークスシステムズ ジャパン株式会社の代表取締役。オーストラリア製のUMLモデリングツール「Enterprise Architect」を日本市場に向けて販売するほか、要求管理ツール「RaQuest」、ソフトウェア資産の再利用支援ツール「ARCSeeker」を自社開発し、世界中に販売している。
http://www.sparxsystems.jp/

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

SysMLを利用可能なモデリング・ツール「Enterprise Architect」 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。