PR

BPMN 2.0エンジンと各社BPMツールの実装

2010年9月17日(金)
岩田 アキラ (いわた あきら)

BPMを支えるツール群

BPMの実施にはBPMツールが不可欠です。BPMツールは、多くのツール(機能)を提供します。これが、BPMツールが自らを"BPM Suite"と呼ぶ背景です。

プロセス・モデリング・ツールは、一般的に、BPMNでプロセスをモデル化します。ビジネス・ルールを記述するツールには、これまで金融や通信業界などで培われてきたBRMS(Business Rule Management System)の設計技術やエンジンが採用されています。

ビジネス・ルールは、プロセス・モデリングで形式化します。しかし、ルールの詳細定義は、データ・モデリングと同様に、BPMN標準の範疇外です。このため、ルール表記の標準は、いまだに存在しません。

ルールは現在、旧来からシステム仕様の文書化で使われてきたディシジョン・テーブルを使って設計/実装する方式が一般的です。しかし、この方法では、ベンダーによって設計方法に差異があることは否めません。

サービス・インテグレーションは、SOA(サービス指向アーキテクチャ)基盤が不可欠です。変化対応力のあるビジネス・プロセスを実現するために必要です。

  • モデリング
    • モデラー - 標準表記(BPMN)
    • シミュレーション
  • ビジネス・ルール - BRMS
    • ルール・デザイン、ルール・エンジン
  • インテグレーション
    • サービス連携、サービス・レポジトリ
  • プレゼンテーション
    • GUI、フォーム
  • モニタリング
    • BAM、パフォーマンス・モニタリング
  • エンジン
    • 実行基盤

これらのツールを基に、プロセス実行基盤上にBPMNで設計したプロセス・モデルを実装し、業務をオペレーションします。このための環境を、図12に示します。

図12: BPMの業務オペレーションとモニタリング(クリックで拡大)

設計環境では、第2回で解説した、ビジネス・サイドの記述モデリング/分析モデリングとITサイドの実行可能モデリングを、BPMNを使って順次進めます。

実行可能モデルは、実行基盤上のプロセス・エンジンに実装され、駆動されます。プロセス・エンジンは、大別して(a)ワークフロー・エンジン、(b)ビジネス・ルール・エンジン、(c)サービス・オーケストレーション・エンジン、の3つに分かれます。

(a)ワークフロー・エンジンは、プロセス・モデルに記述された"人の作業"を、プロセス実行手順に従ってワーク・リスト待ち行列にディスパッチし、ロールと人の割り当てを管理します。

人の割り当てが完了すると、"人の作業"タスクが開始状態になり、タスクに割り当てられていたユーザー・インタフェース画面が立ち上がります。タスクの完了を待つといったコントロールが、エンジンの主な作業になります。

このコントロールは、一般的に、ベンダーがあらかじめ用意した「ワークリスト・アプリケーション(To-Doリストのようなもの)」と呼ぶユーザー・インタフェースを介して行われます。同機能は、ロールで関連付けられた実行候補者にそれぞれの関連ワークリストを配信する仕組みを提供します。

モニタリング機構は、主に"人の作業"タスクの開始/終了時間や実行者をログに記録することが主な作業です。これらのデータをサマリーすることにより、プロセスの開始/終了時間、プロセスの平均経過時間、作業停滞個所、ループバック(手戻り)回数、などの業務分析指標を手に入れることができます。

(b)ビジネス・ルール・エンジンは、ワークフロー上にある"システムの作業"に対してディシジョン・サービスを提供する専用エンジンです。

ビジネス・ルールは、プロセス・モデルとは切り離して、ルール・リポジトリと呼ばれる外部データベースに形式化されて保存されています。

サービスが求める入力データと出力結果をプロセス変数で受け渡すことで、結果を基にして後続の作業の流れをコントロールできます。ルール・リポジトリに保管されているビジネス・ルールは、変化の都度、業務オペレーションの中で更新されます。

(c)サービス・オーケストレーション・エンジンは、ESB(Enterprise Service Bus)を利用して、BPEL(Business Process Execution Language)で記述されたプロセスを実行制御するものです。BPELエンジンとも呼ばれます。

BPMを全社的に適用するとなれば、上記のツール群に加えて、ユーザー・アクセスの窓口となるポータル環境、業務効率やKPI(業績評価指標)値をグラフィカルに表示して分析するためのBI(Business Intelligence)ツールなども必要になるでしょう。

ヒューマン・セントリックBPMとインテグレーション・セントリックBPMの統合

BPMツールは、1990年代から「ヒューマン・セントリックBPM」と「インテグレーション・セントリックBPM(あるいはシステム・セントリックBPM)」と呼ばれる2つの系譜で発展してきました。

ヒューマン・セントリックBPMに分類されるツールは、「人対人」および「人対システム」の作業プロセスと効率性に焦点を当てて、BPMの概念を忠実に具現化します。しかし、既存アプリケーションとの連携機能や、Webサービス開発にかかわるサービス・インテクレーション基盤は、提供しないのが一般的です。

インテグレーション・セントリックBPMに分類されるツールは、サービス部品の開発や「システム対システム」における連携プロセスの設計/実行に焦点を当てています。しかし、「人対人」や「人対システム」にかかわるビジネス的な視点に立った管理機能が不足しています。

BPMの導入を考える企業は、BPM(ヒューマン・セントリック)とSOA(インテグレーション・セントリック)の支援ツールを、それぞれ異なるベンダーから購入して運用しなければならず、機能の重複、ライセンス料の肥大化、運用の複雑さといった問題が生じていました。このため、BPMは、一部の先進的な企業でなければ踏み込めない状況にありました。

こうした背景から、BPM製品とSOA製品の統合を望む声が強まりました。昨今、主要なSOA基盤提供ベンダーがBPM専業ベンダーを買収して統合を図っているのも、こうした背景がベースにあります。

著者
岩田 アキラ (いわた あきら)

岩田研究所代表。日本BPM協会 運営幹事。自己の研究対象をデータモデリングからプロセスモデリングに6年前に転向。ビジネスプロセス表記標準BPMNの国内普及に邁進。日本BPM協会ではBPM推進フレームワークの開発やセミナーなどの講師を務める。「岩田研究所」ブログで自身のBPM/SOA開発手法研究成果を公開。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています