PR

ASP.NET Web開発のトレンド

2011年3月14日(月)
井上 章(いのうえ あきら)

入門者向けWebサイト作成ツール「WebMatrix」の登場

これまで、ASP.NET Webアプリケーションの開発ではVisual Studioまたは無償版のVisual Web Developer Express (VWD) が主な開発ツールでした。これらの開発ツールに加えて、より入門者向けのWebサイト作成ツールとして、新たに「WebMatrix」と呼ばれる無償ツールがリリースされました。

もちろん、これまで通りASP.NETのさまざまな機能を活用した高機能なWebアプリケーションを開発する用途では、Visual StudioやVWDが適していますが、もっと簡単にWebサイトを作成したいといったニーズやASP.NETを学ぶための最初の入り口として考えられたのがこのWebMatrixになります。特に、これまではHTMLベースで静的なWebサイト作成をおこなってきた方が、ASP.NETなどのサーバー側で動的にHTMLを生成するサイト作成を始める場合などに、このツールは適しています。

図7:Webサイト作成ツール「WebMatrix」のページ編集画面(クリックで拡大)

新しいWebページ記述構文「Razor」の登場

このWebMatrixでは、Webページの記述に「Razor」(レイザー)と呼ばれる新しい構文を用いることができ、例えば同じサーバー側スクリプト言語を使用するASPやPHPなどよりも、少ないキー入力で簡単にWebページをコーディングすることができるように考慮されています。

Razor構文の一番の特徴は、Webページ内にサーバー側で何かしらのデータを動的に埋め込む場合に、“@” を用いてコード・ブロックを記述することでしょう。ASPでは “”、PHPでは “” で記述していたコード・ブロックを、Razor構文では “@” ひとつで済んでしまうことは特筆すべき部分です。

▲Razor構文によるビューの記述例

加えて、このRazor構文はASP.NET MVC 3でも使用することができるため、WebMatrixでRazor構文を使って作成したWebサイトを、ページ・デザインなどはそのままに、簡単にASP.NET MVC 3ベースのWebアプリケーションにアップグレードすることができます。

このようなページを記述するための構文までも、より簡単にWeb開発をおこなえるようにシンプルに考えられている上、ツールやフレームワーク間でのアップグレードに関してもしっかり考慮されていることは大変興味深いところです。

HTML5、そしてクラウド時代へ向けたASP.NETの進化

ここまで解説してきたとおり、ASP.NETにおいてもWeb標準準拠の流れを取り込み、シンプル・簡単にクールなWebサイトを作成するためのさまざまな工夫のもとで着実に進化しています。こういった開発技術の進化が、これから一段と加速してくるであろう ”クラウド化” の波にも柔軟に対応できるように、Web開発そのものを支えていくのです。

一例として、「The Shodo」というInternet Explorer 9のデモ・アプリケーションとして開発されたWebアプリケーションでは、プラットフォームとしてWindows Azureが採用され、開発フレームワークとしてASP.NET MVC 3が使われています。それに加えて、クライアント側の技術としてHTML5やCSS3, SVGといった技術はもちろんのこと、本記事でも紹介したjQueryまでもが利用されている、まさに次世代のWebアプリケーションと言えるでしょう。

図8:Webブラウザで書道が体験できる「The Shodo」(クリックで拡大)

以上のように、ASP.NET MVC 3やWebMatrixなどの登場で、マイクロソフトのWeb開発プラットフォームの中でも特にASP.NETにおいては、Web標準準拠を意識したWeb開発が今まで以上に容易におこなえる環境として進化しています。新次元に入ったと言っても過言ではないASP.NETを中心としたWeb開発を、HTML5やjQueryといった技術と共に、早速取り組んでみてはいかがでしょうか。

【参考文献】

(アクセス:2011/3)

著者
井上 章(いのうえ あきら)
日本マイクロソフト株式会社

日本マイクロソフト株式会社 Webエバンジェリスト。ハードウェア設計に始まり、アセンブラプログラミングやWindows開発、そしてASP.NETをベースとしたWeb開発といったエンジニア人生を経た後、2005年にフリーエンジニアに転身。コミュニティ活動や書籍執筆を通してソフトウェア開発に関する啓発活動をおこなう。2008年にマイクロソフトに入社し、ASP.NETをはじめとするWeb開発テクノロジーを専門とするエバンジェリストとして活動中。

連載バックナンバー

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る

他にもこの記事が読まれています