PR

アニメーションを伴ったページナビゲーション

2011年5月30日(月)
PROJECT KySS

クラスのロジックコードを記述する

リスト4  (Class1.vb)

Option Strict On

XML文書をLINQ to XMLで処理するクラスの含まれる、System.Xml.Linq名前空間をインポートしておきます。
Imports System.Xml.Linq
Public Class Class1
XML要素を表すXElementクラスのメンバ変数xmldocを宣言しておきます。
  Dim xmldoc As XElement

■インスタンスを作成する場合に呼び出されるNewパブリックプロシージャ
XElement.LoadメソッドでXML文書ファイル(Contents.xml)を読み込みます。
  Public Sub New()
    xmldoc = XElement.Load("Contents.xml")
  End Sub

■XML文書内の”title”属性の値を返す関数
Indexに該当する、<情報>要素の子要素<内容>の属性”title”の値を取得し戻り値とします。
  Function ReadTitle(ByVal Index As Integer) As String
    Dim title = xmldoc.Descendants("情報")(Index).Element("内容").Attribute("title").Value
    Return title
  End Function

■XML文書内の「内容」要素の値を返す関数
Indexに該当する、<情報>要素の子要素<内容>の値を取得し戻り値とします。
  Function ReadNaiyou(ByVal Index As Integer) As String
    Dim naiyou = xmldoc.Descendants("情報")(Index).Element("内容").Value
    Return naiyou
  End Function
End Class

次にMainPage.xamlのHyperlinkButtonのTagプロパティにリスト5のように、先ほど作成しておいた、「Silverlightページ」を指定します。

リスト5 HyperlinkButtonのTagプロパティに「Silverlightページ」を指定した(MainPage.xaml)

(1)HyperlinkButtonのTagプロパティにheilke.xamlとhoujyouki.xamlを指定する。
  ~コード略~
<StackPanel Height="34" HorizontalAlignment="Left" Margin="34,13,0,0" Name="StackPanel1" VerticalAlignment="Top" Width="143" Orientation="Horizontal">
    <HyperlinkButton Content="平家物語" Height="25" Name="heikeBtn" Width="77" Tag="heike.xaml"/> ■(1)
    <HyperlinkButton Content="方丈記" Height="25" Name="houjyoukiBtn" Width="60" Tag="houjyouki.xaml"/> ■(1)
</StackPanel>
~コード略~

MainPage.xaml.vb内にリスト6のコードを記述します。

ロジックコードを記述する(MainPage.xaml.vb)

リスト6

Option Strict On

Partial Public Class MainPage
  Inherits UserControl

  Public Sub New()
    InitializeComponent()
  End Sub

■ページが読み込まれた時の処理
2つのHyperlinkButtonがクリックされた時、NavigateToPageプロシージャを実行します。
  Private Sub MainPage_Loaded(ByVal sender As Object, ByVal e As System.Windows.RoutedEventArgs) Handles Me.Loaded
    AddHandler heikeBtn.Click, AddressOf NavigateToPage
    AddHandler houjyoukiBtn.Click, AddressOf NavigateToPage
  End Sub

■指定されたページにナビゲートする処理
Navigateメソッドで、HyperlinkButtonのTagプロパティに指定されたページにナビゲートします。
  Private Sub NavigateToPage(ByVal sender As Object, ByVal e As System.Windows.RoutedEventArgs)
    Frame1.Navigate(New Uri("/" +DirectCast(sender, HyperlinkButton).Tag.ToString, UriKind.Relative))
  End Sub
End Class

次に「Silverlightページ」であるheike.xaml.vbにリスト5のコードを記述します。

ロジックコードを記述する

リスト5 (heike.xaml.vb)

■ユーザーがこのページに移動した時に実行されます
Class1の新しいインスタンス_myClassを宣言し、Class1.vbクラス内に記述した関数に、インデックスを指定して呼び出します。タイトルと内容が表示されます。
  Protected Overrides Sub OnNavigatedTo(ByVal e As System.Windows.Navigation.NavigationEventArgs)
    Dim _myClass As New Class1
    TextBlock1.Text = _myClass.ReadTitle(0)
    TextBlock2.Text = _myClass.ReadNaiyou(0)
  End Sub

同様にhoujyouki.xaml.vbにも同じコードを記述します。ただし引数となるインデックスには1を指定します。

次に該当するページがアニメーションを伴って表示される処理を、Expression Blend 4で実装します。

ソリューションエクスプローラー内の、MainPage.xamlを選択し、マウスの右クリックで表示されるメニューの、「Expression Blendを開く(X)」を選択し、Blend4を起動します。

Blend4でのアニメーションの作成

「オブジェクトとタイムライン(B)」内のFrame1を選択し、マウスの右クリックで表示されるメニューから、「テンプレートの編集(E)/現在のテンプレートの編集(U)」と選択します(図8)。

3

図8:Frame1を選択し、「テンプレートの編集(E)/現在のテンプレートの編集(U)」と選択する

「オブジェクトとタイムライン(B)」内にTransitionContentControl1が表示されますので、これを選択してマウスの右クリックで表示されるメニューから、「テンプレートの編集(E)/コピーして編集(C)」と選択します(図9)。

3

図9:TransitionContentControl1を選択し、「テンプレートの編集(E)/コピーして編集(C)」と選択する(クリックで拡大)

「Styleリソースの作成」画面が表示され、「名前(キー)」が自動的に付けられていますので、そのままで[OK]ボタンをクリックします。

「オブジェクトとタイムライン(B)」内に[Grid]が表示され、展開すると2つの要素が表示されます。最初のPreviousContentPresentationSiteを選択して、プロパティを見ると「種類」がContentPresenterになっているのがわかります。ContentPresenterオブジェクトは、ContentPresenter のコンテンツを表示するオブジェクトです。また、「状態」パネル内にはTransitionContentControlの持つ切り替え効果の一覧が表示されます。切り替え効果の秒数には0.5sと指定します(図10)。

3

図10:オブジェクトとタイムライン(B)」内に、PreviousContentPresentationSiteとCurrentContentPresentationSiteが表示される。これらはContentPresenterである。「状態」パネル内にはTransitionContentControlの持つ切り替え効果の一覧が表示されている(クリックで拡大)

PreviousContentPresentationSiteとCurrentContentPresentationSiteのWidthとHeightをGridのサイズに合わせます。このサンプルではWidthが535、Heightが531になります。

「状態」パネル内のUpTransitionを選択します。すると、アートボード上の画面全体が赤の枠線で囲まれ、「●UpTransition状態記録オン」に変わります。この状態でタイムラインの記録が可能になります。タイムラインを表示させ、PreviousContentPresentationSiteを選択して、タイムラインを表示させます。既にPreviousContentPresentationSiteとCurrentContentPresentationSiteには、再生ヘッド上に楕円のマークが表示されていますが、楕円を選択してマウスの右クリックで表示される「削除」メニューから全て削除してください。

PreviousContentPresentationSiteを選択して、黄色い再生ヘッドを0秒に合わせます。プロパティの[変換]パネルにあるProjectionの「回転の中心」アイコンをクリックして、Xに0.5、Yに1と入力します(図11)。

3

図11:[変換]パネルにあるProjectionの「回転の中心」アイコンをクリックして、Xに0.5、Yに1と入力する

次に再生ヘッドを0.2の位置に移動し、[変換]パネルにあるProjectionの「回転」アイコンをクリックしてXに-20と入力します。-20と入力しても-20.0021という半端な数値が入力されます(図12)。Opacityに67と指定します。次に再生ヘッドを0.6の位置に移動しXに-90と入力します。PreviousContentPresentaionSiteが図13のようになります。また、Opacityに0と指定します。

3

図12:[変換]パネルにあるProjectionの「回転」アイコンをクリックしてXに-20と入力する。-20と入力しても-20.0021という半端な数値が入力される

3

図13:PreviousContentPresentaionSite が底面にくる

次に、「タイムラインとオブジェクト(B)」内のCurrentContentPresentaionSiteを選択し、黄色の再生ヘッドが0の位置で何も設定しない状態で「キーフレームの記録」アイコンをクリックします(図14)。再生ヘッド上に楕円マークが表示されます。この時Opacityの値は0です。

次に、再生ヘッドを0.2の位置に移動し、[変換]パネルにあるProjectionの「回転」のXに90と入力し、「回転の中心」のXに0.5、Yに1と指定します。Opacityに33と指定します。CurrentContentPresentaionSiteが手前に倒れて表示されます (図15)。最後に再生ヘッドを0.6の位置に移動し「回転」のXの値に0を指定します。この時、Opacityの値は100です。

3

図14:再生ヘッドが0の位置で「キーフレームの記録」アイコンをクリックする

3

図15:CurrentContentPresentaionSite が手前に倒れて表示される(クリックで拡大)

「●UpTransition状態記録オン」の●をクリックして記録オフにします。

ここまでのタイムラインの記録をまとめると表1のようになります。

表1 UpTransition

オブジェクト名 プロパティ 再生ヘッド(秒)
0 0.2 0.6
PreviousContentPresentaionSite Projection(回転の中心) X=0.5、Y=1 X=0.5、Y=1 X=0.5、Y=1
Projection(回転) 0 X=-20 X=-90
Opacity 100 67 0
CurrentContentPresentaionSite Projection(回転の中心) [キーフレームの記録]をクリック X=0.5、Y=1 X=0.5、Y=1
Projection(回転) X=90 X=0
Opacity 0 33 100

ここで、一度Blend4上での操作を終了して、VS2010に戻ります。

  • 「アニメーションを伴ったページナビゲーション」サンプルプログラム

四国のSOHO。薬師寺国安(VBプログラマ)と、薬師寺聖(デザイナ、エンジニア)によるコラボレーション・ユニット。1997年6月、Dynamic HTMLとDirectAnimationの普及を目的として結成。共同開発やユニット名義での執筆活動を行う。XMLおよび.NETに関する著書や連載多数。最新刊は「Silverlight実践プログラミング」両名とも、Microsoft MVP for Development Platforms - Client App Dev (Oct 2003-Sep 2012)。http://www.PROJECTKySS.NET/

連載バックナンバー

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る

他にもこの記事が読まれています