PR

Windows Azureを開始する その2

2011年6月9日(木)
bird982000(監修:山田祥寛)

SQL Azureの操作

次はSQL Azureのインスタンスを追加したいと思います。まずは図1の(2)からDatabaseを選択してください。次に図1の(3)から自分が使用するサブスクリプションを選択してください。そして、上のリボンから「作成」をクリックしてください。

図5:データベース追加画面(クリックで拡大)

後はデータベースを作成するデータセンターの場所、ログイン用のIDとパスワード、SQL Azureのファイアウォールを、それぞれウィザードに従って操作する事で、サーバーを構築できます。

作成したSQL AzureはSQL Server Management Studio(SSMS)からも接続可能ですが、ファイアウォールの設定でポート1433を開ける必要があります。一部の会社では会社内のセキュリティポリシーとの兼ね合いがあるので注意してください。

SSMSが使用できない場合はSQL AzureのDatabase Managerの使用を検討してください。これは、以前コードネーム Houstonと呼ばれていたものです。Azureのポータルサイトと同様にSilverlightベースで作られた管理ツールです。こちらは上のリボンの[ 管理 ]ボタンをクリックする事で接続していきます。

なお、Database Managerは実際にはWindows Azureのサービスとして動作しているようです。接続するSQL Azureのデータベースのファイアウォール設定で、Windows Azureのサービスからの接続を許可しておかないと、ログイン時にエラーとなって接続できませんので注意してください。

図5:Database Managerの画面(クリックで拡大)

では、このDatabase Managerを見ていきます。画面を見ていただくと分かりますが、テーブル/ビュー/ストアドプロシージャの作成やクエリの発行など、基本的なデータベース操作を上のリボンインターフェースから行えます。メインウィンドウのタブを切り替えると事で、上のリボンも変化します。例えばクエリタブの場合は、[ Execute ]などクエリ発行に関係するボタンが表示されます。

次回の紹介

さて、ひと通り紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?このポータルサイトはAzureで管理していく上で一番重要になるものです。どのような機能があるのかを確実に押さえておいてください。

ポータルサイトは昨年11月にSilverlightベースに更新されてかなり使いやすくなっています。また、サイトの右下に[ Feedback ]というボタンがあり、フィードバックをいつでも求めているようです。筆者も、以前MOCPへのリンクが新ポータルになって消えていたので、旧ポータルの時のように表示するように要望を上げたところ、すぐに対応してくれて表示されるようになりました。ぜひ皆さまも不満点があればフィードバックしてみてください。

このポータルサイトはAzureで管理していく上で一番重要になるものです。どのような機能があるのかを確実に押さえておいてください。特に右側のプロパティウィンドウには以前のポータルに比べてホストサービスのアボート回数やオペレーションの時間など、かなり多くの情報が含まれるようになり進化しています。

また、問題が見つかった場合はWindows Azureのサービスダッシュボードも参照してください。こちらでは、Windows Azureの各サービスの障害情報が表示されています。これらの情報を活用してAzureのサービスを管理してください。

次回はAzureポータルを使用しない管理のやり方について解説していきます。

著者
bird982000(監修:山田祥寛)
WINGSプロジェクト

有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表:山田祥寛)。おもな活動は、Web開発分野の書籍/雑誌/Web記事の執筆。ほかに海外記事の翻訳、講演なども幅広く手がける。2011年3月時点での登録メンバは36名で、現在もプロジェクトメンバーを募集中。執筆に興味のある方は、どしどしご応募頂きたい。著書多数。
http://www.wings.msn.to/

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

Windows Azureを開始する その2 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。