PR

DRの仕組みづくりと業務継続のためのソリューション

2011年6月22日(水)
尾方 一成

4. 新規サーバーの構築

(1)既に稼働テストを完了済みのサーバーを、DRサイト上でグループウェア用の本番機としてセットアップします。まずは現在テスト用に割り当てられているI/Oプロファイルを取り外して、I/O構成を初期化します。ナビゲーションバー上の“Topology”で物理トポロジーを表示後、“MONROE”サーバーアイコン上で右クリックすると、オプションメニューが表示されます。ここで “Unbind”をクリックすると、I/O構成が初期化されます。

図7:I/Oプロファイルの取り外し

“MONROE”サーバーアイコンをダブルクリックすると、vNIC/vHBAが存在しないことが確認できます。

(2)ここで、グループウェア用サーバーとして稼働させるための「I/Oテンプレート」を作成します。ナビゲーションバーの ‘I/O Template’をクリックすると、既存のI/Oテンプレートが表示され、iSCSI/SANブート設定・vNIC/vHBAの数等の情報が確認できます。

図8:I/Oテンプレートサマリー画面(クリックで拡大)

そこで新規のI/Oテンプレートを作成するため、“I/O Template Summary”画面の左上の「+」アイコンをクリックすると、“I/O Template Editor”が表示されます。このテンプレートエディター上では、I/Oテンプレート上へのvNIC/vHBAの作成に加えて、Default GatewayやiSCSI/SAN bootの Profile設定もできます。

図9:I/Oテンプレートエディター(クリックで拡大)

図10:I/Oテンプレートエディター編集アイコン(クリックで拡大)

(3)‘Name’に「Groupware」と入力後、vNIC作成用の一番左端にある紫のアイコンをクリックすると、エディター上にvNICが作成されます。そのまま、接続したいI/O Cloud上にドラッグ&ドロップすると、vNICとI/O Cloud が仮想リンクで接続されます。今回の「Groupware」テンプレートは、management / intranet / iSCSIの3つの network cloud にvNICで接続し、fileserver storage cloud には vHBA で接続します。3つのvNICを作成後、2番目の緑アイコンをクリックして、vHBAの作成と fileserverへの接続を行ってください。これで3つのvNICと1つのvHBAで構成された「Groupware」というI/Oテンプレートが出来上がります。

図11:「Groupware」テンプレートの作成(クリックで拡大)

(4)テンプレート完成後、編集画面左上の「保存」アイコンをクリックすると、「Groupware」というI/Oテンプレートが保存され、サマリー画面上に表示されます。

図12:I/Oテンプレートサマリー(クリックで拡大)

(5)ナビゲーションバーから、「Topology」をクリック後、「Topology View」画面左上の「(1)I/Oリソース追加アイコン」をクリックします。すると テンプレート選択画面が表示されるので、下段の「(2)Groupware」をクリック後、ドラッグ&ドロップで、「MONROE」サーバーに割り当てます。

図13:I/Oまわりのデータセンタ運用(クリックで拡大)

(6)確認のダイアログが表示されるので、「YES」を選択すると、先ほど作成した「Groupware」I/Oテンプレート上のvNIC/vHBAが瞬時に「MONROE」サーバー上に作成され、リモートサイトのサーバー構築作業が完了します。

図14:リモートサイトのサーバー構築作業が完了したところ(クリックで拡大)
シーゴシステムズ・ジャパン株式会社 代表取締役

国内システムインテグレータでの基幹システム開発エンジニアの経験を経て、その後米国通信機器ベンダーで営業・マーケティングを担当。2007年にシーゴシステムズ・ジャパンに入社し、現在に至る。Mr. I/O(Issei Ogata)として、「I/O仮想化」の普及に奔走する毎日。www.xsigo.co.jp/

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています