PR

Azureストレージマネジメントツール類の紹介

2011年10月5日(水)
bird982000(監修:山田祥寛)

CloudBerry Explorer for Azure Blob Storage

次に紹介するツールは、ブロブストレージに特化したツールです。

CloudBerry Explorer for Azure Blob Storageはブロブに特化しているだけあって、非常に使いやすいです。有償版の場合は同期機能が提供されているので、マネジメント用のツールとしてだけでなくネットワーク上の仮想ストレージとして使用するためのツールとしても使うことができます。

図6:CloudBerry Explorer for Azure Blob Storageトップ画面(クリックで拡大)

上記はトップ画面ですがFFFTPライクな操作感で使えそうなイメージを持たれると思います。細かいところでは、ローカルPC側では右クリックメニューが存在しない点やSASをサポートしていないなどの欠点はありますが、ドラッグ&ドロップで操作できるのはやはり快感です。

また、デフォルトで疑似的なフォルダ構造を再現していて、ローカルのコンピューターのフォルダをアップロードした場合にそのまま表現してくれるのは大きなポイントです。また、複数のストレージアカウントをサポートしていてストレージアカウント間のコピーも可能です。

著者は、ブロブストレージしか扱わないのであればこのツールは一番だと考えています。

CloudXplorer

次にCloudXplorerは名前の通りエクスプローラーライクな操作感が売りです。

図7:CloudXplorerトップ画面(クリックで拡大)

上記がトップ画面ですが、アカウントを追加することで、複数のアカウントをまとめて操作できます。コピー&ペーストができる点や階層の表現の仕方が、本当にエクスプローラーのようです。右クリックメニューやショートカットキーも再現されていて、非常に便利です。やはりSASなどはサポートしていませんが、このツール自体が個人用の仮想ストレージ用途と割り切れば十分でしょう。

無償版のCloudBerry Explorer for Azure Blob Storageとは、好みによって使い分ければ良いと思います。

おわりに

さて、今回メジャーなツールをひと通り紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?それぞれの特徴を理解していただけたら嬉しいです。なお、筆者はAzure Storage ExplorerとCloudBerry Explorer for Azure Blob Storageの無償版を使い分けていますが、皆さんもそれぞれの好みや用途に応じて使い分けていただけたらと思います。

著者
bird982000(監修:山田祥寛)
WINGSプロジェクト

有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表:山田祥寛)。おもな活動は、Web開発分野の書籍/雑誌/Web記事の執筆。ほかに海外記事の翻訳、講演なども幅広く手がける。2011年3月時点での登録メンバは36名で、現在もプロジェクトメンバーを募集中。執筆に興味のある方は、どしどしご応募頂きたい。著書多数。
http://www.wings.msn.to/

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています