PR

実践「Heroku」をセットアップしてサンプルアプリを動かそう

2012年6月21日(木)
西見 公宏(にしみまさひろ、@mah_lab)

(MacOSXの方向け)Gitの準備

Rails開発の前にまずGit(http://git-scm.com/)が必要なので、Gitをインストールします。RailsInstallerを使用した場合はGitも一緒にインストールされるため、Gitのインストールは不要です。以下のコマンドをターミナルで実行してください。

$ brew install git

Gitのインストールが完了した後、以下のコマンドを実行してGitの設定を行っていきます。

$ git config --global user.name "<あなたの名前を入力してください>"
$ git config --global user.email "<あなたのメールアドレスを入力してください>"
$ git config --global credential.helper osxkeychain

(MacOSXの方向け)Bundlerの準備

RailsInstallerを使用していない方はBundler(http://gembundler.com/)もインストールしておきましょう。RubyのGem(ライブラリ)のバージョン管理のためのツールです。

$ gem install bundler
$ bundle -v
Bundler version 1.1.3

Ruby on Rails環境の構築

ようやくRuby on Rails環境の構築ですね。RailsInstallerを使用して一気に環境構築された方も、ここからは一緒にやっていきましょう。まずRuby on Railsプロジェクトを作成するためのディレクトリを作成し、本稿執筆時点で最新のRuby on Railsをインストールします。

$ mkdir -p ~/dev/ror
$ cd ~/dev/ror
$ echo "source 'https://rubygems.org'" >> Gemfile
$ echo "gem 'rails', '= 3.2.5'" >> Gemfile
$ bundle install

インストール完了後、Ruby on Railsのプロジェクトを作成します。

$ bundle exec rails new mini_blog -T
# ...自動的に基本的なファイルが生成される...

簡単に動作確認してみましょう。次のコマンドを実行してサーバを立ち上げ、ブラウザで表示確認してください。

$ cd mini_blog
$ bundle exec rails server
=> Rails 3.2.5 application starting in development on http://0.0.0.0:3000
=> Call with -d to detach
=> Ctrl-C to shutdown server
[2012-06-11 16:04:11] INFO  WEBrick 1.3.1
[2012-06-11 16:04:11] INFO  ruby 1.9.2 (2012-02-14) [x86_64-darwin11.3.0]
[2012-06-11 16:04:11] INFO  WEBrick::HTTPServer#start: pid=6084 port=3000

http://0.0.0.0:3000/ にアクセスした時に、図のような画面が表示されていれば、Ruby on Rails環境の構築が正常にできていることになります。この画面が確認できたら、ターミナルに戻ってコントロールキーとCを同時押ししてください。サーバが停止します。

 図1:動作確認

サンプルアプリケーションの作成

ここからは少し早足でサンプルアプリケーションを作成したいと思います。以下のコマンドをターミナルに打ち込んでいってください。

$ rm public/index.html
$ bundle exec rails g scaffold blog title:string body:text
$ bundle exec rake db:migrate

さらにconfig/routes.rbの中身を編集します。

MiniBlog::Application.routes.draw do
  resources :blogs
  root to: "blogs#index"      # この行を追加する

  # ...コメントがたくさん書いてある...
end

以上の手順を終えた後、再度 bundle exec rails server でサーバを立ち上げ、http://0.0.0.0:3000/ にアクセスすると、図のようなサンプルアプリケーションが立ち上がるはずです。次のページからはこのアプリケーションをHerokuにデプロイしようと思います。

 図2:サンプルアプリケーション

念のため、ここまで作った内容をGitに保存しておきましょう。

$ git init # Gitのリポジトリを作成
$ git add . # 作成したファイルをステージに登録
$ git commit -m "initial commit" # ステージに登録されたファイルをコミット

こうすることで、次のページで手順を間違えたとしても、ここまでの内容に戻すことができます。

著者
西見 公宏(にしみまさひろ、@mah_lab)

SonicGarden プログラマー。
ソフトウェアパートナーシップによる受託開発をRuby on Railsで携わる傍ら、エンタープライズ向けCRM「Keepintouch」のメインプログラマーを務める。ブログはこちら

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

実践「Heroku」をセットアップしてサンプルアプリを動かそう | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。