PR

VMware vSphere Hypervisor(ESXi)のインストール

2012年10月24日(水)
田口 貴久

2.7. 仮想マシンの作成

ESXiの環境が整ったら、仮想マシンを作成してみましょう。仮想マシンを作成するには、vSphere Clientで操作します。

インベントリ画面の左ペインのサーバーアイコンを右クリックし「新規仮想マシン」を選び、ウィザードを開きます。

クリックで拡大

「構成」の項目では一般的な構成設定を利用する「標準」と、CPUやメモリなど詳細に設定できる「カスタム」の2つから選ぶことができます。特にカスタマイズする必要なければ「標準」を選びます。

クリックで拡大

「名前と場所」では任意のマシン名を入力します。

クリックで拡大

「ストレージ」では「仮想マシンの作成先」を指定します。

クリックで拡大

「ゲストOS」ではインストールしようとしているOSの種別やバージョンを指定します。ここで的確な設定をするとゲストOSに最適化されたパラメータが設定されます。

クリックで拡大

ネットワークでは作成する仮想NICの個数を指定します。

クリックで拡大

「ディスクの作成」では仮想ディスクに割り当てるサイズとフォーマット形式を指定します(フォーマット形式の違いについては前回の記事をご参照ください)。

クリックで拡大

最後に設定のサマリーがでてきますので、問題がなければ「終了」ボタンをクリックします。

クリックで拡大

2.8. ゲストOSのインストール

仮想マシンへOSをインストールしてみましょう。

まず、仮想マシンにインストールメディアを指定します。インストールメディアの指定方法は以下の4つがあります。

  1. ESXiをインストールしたマシン(ホスト)のCD/DVDドライブを指定
  2. ESXi上のデータストアにあるISOイメージファイルを指定
  3. クライアントマシンのCD/DVDドライブを指定
  4. クライアント上のHDDにあるISOイメージファイルを指定

例としてホストのCD/DVDドライブを指定する方法を紹介します。

  • インベントリ画面で対象の仮想マシンを右クリックし設定の編集を選びます。
    クリックで拡大
  • 「ハードウェア」タブの一覧から「CD/DVDドライブ」を選びます。
    クリックで拡大
  • デバイスタイプから「ホストデバイス」を選び、デバイスのステータスの「パワーオン時に接続」を有効にします。
    クリックで拡大
  • OKボタンを押しプロパティを閉じます。

いずれかの方法でインストールメディアを指定し仮想マシンを起動すると、通常のPCやサーバーと同じ要領でOSをインストールすることができます。

OSのインストールが完了したら、ゲストOSへVMware Toolsをインストールします。VMware Toolsは、前回紹介したバルーンドライバー以外にもグラフィック、マウス操作、ネットワーク通信の最適化などが行われ操作性が向上します。忘れずにインストールを行ってください。

例としてWindows版VMware Toolsのインストール方法を紹介します。

  • 対象の仮想マシンを起動します。
  • ゲストOSが起動されたらコンソール画面のツールバーより[仮想マシン]-[ゲスト]-[VMware Toolsのインストール/アップグレード]を選びます。

    VMware Toolsをインストールされていない状態では、仮想マシンとvSphereクライアントマシン間でマウスカーソルをシームレスに移動することができません。仮想マシンからカーソルを解放するには Ctrl+Alt を押します。
クリックで拡大
  • 仮想マシンにVMware ToolsのISOイメージがマウントされます。
  • 仮想マシンのWindowsに「自動再生」ダイアログが表示されたら「setup64.exeの実行」をクリックします(CDドライブの自動実行を無効化されている場合は、エクスプローラを開きCDドライブをダブルクリックします)。
クリックで拡大
  • インストールウィザードの指示に従いVMware Toolsのインストールを行います。
クリックで拡大
  • インストールが完了したら、仮想マシンを再起動します。

---------------------------

いかがでしたでしょうか。ESXiは無償でも手軽に環境を構築できることがわかっていただけたかと思います。

近年、仮想化環境は急速に浸透してきており、今後導入を検討されている方も多数いらっしゃるかと思います。本連載をきっかけにまずは気軽に検証していただき、ESXiの環境を楽しんでいただけたら幸いです。

【関連リンク】

日本仮想化技術株式会社

中堅システム会社にて主に基幹系システムの運用SE等の経験を経て、2012年より日本仮想化技術株式会社へ所属。現在はVMware ESXiやHyper-V関連の構築・運用やベンチマーク検証等の業務を担当。長年の運用経験を生かしよりよいインフラ環境の構築を目指し日々奮闘中。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています