PR

共用サーバーと専用サーバー双方のメリットを合わせ持つ VPSの基礎知識

2013年10月16日(水)
波田野 裕一

はじめに

つい数年前まで、インターネット上でサービスやコンテンツを公開するには、廉価な共用サーバー(ホスティングサービス)の契約をして限られた機能とリソースを利用するか、自社内もしくはデータセンターに高価な専用サーバーを設置して全ての機能とリソースを利用するか、のどちらかで行うのが一般的でした。

図1:専用サーバーと共用サーバーの違い(クリックで拡大)

近年のコンピュータ仮想化技術の急速な普及に伴い、比較的廉価ながらほぼ専用サーバーと同様に利用できる「VPS(Virtual Private Server:仮想専用サーバー)」が多くの事業者から提供されてきています。

本連載ではこのVPSの特徴とその活用方法について解説していきます。

VPSとは

VPS(Virtual Private Server:仮想専用サーバー)とは、コンピュータの仮想化技術を使って1台の物理サーバー上に構築された専用サーバーのことです。
物理サーバー上に複数台のVPSを構築し、物理サーバー上にあるCPU、メモリ、ハードディスクなどの物理的なリソースを、それら複数のVPSで共有して利用します。
これにより、通常の専用サーバーよりも大幅に安価に利用することが可能になっているのです。

一方で、VPSからはそれ自身が稼動している物理サーバーや同一物理サーバー上の他のVPSが利用しているリソースが見えないため、利用者からはあたかも単一のサーバーを利用しているように見えます。そして、VPSの利用者はサーバー管理者として、好きなときにそのVPSを起動、構成変更、廃棄することができるのです。

このように、共用サーバーのコストメリットと専用サーバーの自由度の高さを合わせ持っているところがVPSの魅力と言えます。

運用設計ラボ合同会社 / 日本UNIXユーザ会

ADSLキャリア/ISPにてネットワーク運用管理、監視設計を担当後、ASPにてサーバ構築運用、ミドルウェア運用設計/障害監視設計に従事。システム障害はなぜ起こるのか? を起点に運用設計の在り方に疑問を抱き、2009年夏より有志と共同で運用研究を開始し、2013年夏に運用設計ラボ合同会社を設立。日本UNIXユーザ会幹事(副会長)、Internet Week 2013プログラム委員、Internet Conference 2013実行委員など各種コミュニティ活動にも積極的に参加している。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています