PR

新型マインドストームEV3が彩るアイデアロボットの競演「ロボTRY」決勝イベントレポート

2013年12月11日(水)
Think IT編集部

新型レゴ マインドストームを使った楽しいアイデアの数々

前製品のNXTから6年ぶりの新型となる、レゴ マインドストームEV3(以降、EV3)の発売が2013年9月から日本でも開始された。「ロボTRY」は、そのEV3を使ったアイデアロボットコンテスト。11月24日、東京千代田区のグラントウキョウサウスタワーにて決勝大会が行われた。

(左)会場の様子/(右)司会を務める工藤竜平氏(クリックで拡大)

本イベントは、EV3の発売直後である2013年9月20日にエントリーを開始。10月~11月の予選を経て、勝ち残った12組が決勝に進出した。出場者たちはほとんど情報のない状態から、EV3の新しい機能を体験しつつ、可能性を探ってきた。

わずかな開発期間の中で見事決勝進出を果たしたのは、学生から社会人まで、多彩な顔ぶれからなる全12組のチーム。仲間同士、親子同士で力を合わせて作った自信作を発表した。

決勝出場チームの作品紹介

決勝出場チームを写真とともに紹介していく。

作品名「太鼓でどんどん」/チーム名「高専太郎」

トップバッターのチーム「高専太郎」が発表した「太鼓でどんどん」は、レゴで作られたコース上を色分けされたボールが転がり、正しいタイミングでボールの通過時にボタンを押すとスコアが加算される音楽ゲーム。アナログのコースをボールが走る機構も作りこまれており、ゲームという要素が加わって、誰もに楽しんでもらいたいという意気込みが伝わってきた。

(クリックで拡大)

作品名「ben-K」/チーム名「かつら」

トイレに行きたいけれど個室が空いているかわからない。個室が開くのを待つのも面倒。そんな気苦労(?)を全自動トイレ個室予約ロボットが解決する。「ben-K」は自分の代わりにトイレを偵察し、空きがあれば個室を予約、空いてなければその場で待機して空いた事を知らせてくれる。ちょっとした生活の一コマを大まじめに作りこんだ作品だ。

(クリックで拡大)

作品名「2wayUFOキャッチャー」/チーム名「ASONDEMITA」

UFOキャッチャーの中にぶら下がったEV3がお菓子をつかみ取りする「2wayUFOキャッチャー」。ローカル環境ではもちろん、遠隔操作でもお菓子のつかみどりを楽しむことができる。参加チームの地元ではハロウィンパーティが町を挙げて行われており、訪れた子どもたちにとても好評だったようだ。可愛らしい本体のデコレーションも印象的だった。

(クリックで拡大)

作品名「宇宙エレベーター」/チーム名「えりたけんちゃん」

高度3万6千キロの宇宙空間にエレベーターで行くことのできる宇宙エレベーターは現在多くの人の関心を集めているが、この宇宙エレベーターをテーマにしたロボットによる競技も行われている。チーム「えりたけんちゃん」からは、EV3を使って実際の競技で200mを昇ったクライマー(昇降機)が出品された。椅子の上でケーブルを持ち、クライマーが昇る様子も紹介され、実際の宇宙エレベータが動く様子をイメージすることができた。

(クリックで拡大)

作品名「ディテクターくん」/チーム名「ニケ」

WRO日本大会で5回優勝という輝かしい成績を持つチーム「ニケ」による「ディテクターくん」は走行ユニットと消化ユニットの2つのEV3からなる早期消化用ロボットで、建物のマップ情報をもとに、障害物を避けながら照度センサーや熱センサーを駆使して火元を判別、消化を行う。2台のEV3はBluetoothによって接続されており、センサーユニットの情報をもとに走行ユニットで的確な消化位置に移動。人のいない時間帯などに実力を発揮する。

(クリックで拡大)

作品名「Fisans」/チーム名「くろだ 02」

忘れ物を探し、気づかせることのできるシステム「Fisans」は、例えば上映後の映画館やデパート等で、清掃と同時にロボットが忘れ物や落し物を見つけ、持ち主の元へ素早く届けることができる。
発表した黒田幹大さんは、小学校6年生の頃からJST(科学技術振興機構)の主催する未来の科学者養成講座に参加、また独学でC#を学ぶなど、若干中学3年生ながら科学技術に関する知識も豊富で、終始堂々と作品を説明していた。
決勝大会のためにはるばる長崎から上京したものの、翌日から期末試験を控えていたため、短い滞在時間となってしまった。それでも、他の参加者に大きな存在感を与えていた。

(クリックで拡大)

“オープンソース技術の実践活用メディア” をスローガンに、インプレスグループが運営するエンジニアのための技術解説サイト。開発の現場で役立つノウハウ記事を毎日公開しています。

2004年の開設当初からOSS(オープンソースソフトウェア)に着目、近年は特にクラウドを取り巻く技術動向に注力し、ビジネスシーンでOSSを有効活用するための情報発信を続けています。OSSに特化したビジネスセミナーの開催や、Think IT BooksシリーズでのWeb連載記事の電子書籍化など、Webサイトにとどまらない統合的なメディア展開に挑戦しています。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています