PR

VLSM(Variable Length Subnet Mask:可変長サブネットマスク)の利用

2015年3月30日(月)
野口 一徳

●VLSMの概念について

1つのクラスフルネットワークに固定長のサブネットを作るには、サブネットの大きさをホスト数の一番大きいサブネットに合わせます。例えば、アドレス範囲が256(ホスト数は254)のクラスCのネットワークに対して、表2の3つのサブネットを固定長サブネットで設計すると、最大値の128を各サブネットのアドレス範囲にします。ネットワーク部の長さであるプレフィックス長は、25ビットです。クラスCのネットワークに入るサブネットは2つになり、3つのサブネットに対しては、2つのクラスCのネットワークが必要になります。
 
表2 サブネットの例
サブネットの例
 
VLSMでは、個々のサブネットごとに適切なサブネットマスクを適用します。ホスト数の少ないサブネットには、ホストのビット数が少ないサブネットマスク(長いプレフィックス長)を使用することで、サブネットのアドレス範囲を減らすことができます。
 
VLSMを用いて、表3の「方法1」でサブネットを割り当てた例を図3に示します。1つのクラスCのネットワークに納めることができ、192.168.1.224/27が未使用で残ります。
 
表3 アドレスの割り当て
VLSMでのアドレス範囲の割り当て
 
VLSMでのアドレス範囲の割り当て
図3 VLSMでのアドレス範囲の割り当て
 
サブネットへのアドレスの割り当ては、アドレス範囲の大きいサブネットから順番に、サブネットマスクで指定できるアドレス位置に割り当てていきます。
 
表3の「方法2」の配置は可能ですが、「誤りの例」に示すように128のサイズを192.168.1.64には配置できません。2進数のサブネットマスクで指定するので、128のサイズのサブネットは、0か128にしか配置できません。
 

●VLSMをサポートするルーティングプロトコル

VLSMを用いたアドレス設計を実装するためには、VLSMをサポートするクラスレスルーティングプロトコルを使用する必要があります。ルーティングプロトコルは、RIP-2、EIGRP、OSPFなどになります。これらは、サブネットのネットワークアドレスとサブネットマスクを隣接ルータに伝達して、サブネットを正確に理解してルーティングテーブルに反映します。
 
この記事で紹介した書籍
シスコ技術者認定試験 公式ガイドブック Cisco CCENT/CCNA ICND1 100-101J

Wendell Odom 著/株式会社クイープ 訳
価格:4,400円+税
発売日:2014年03月05日発売
ISBN:978-4-8443-3553-5
発行:インプレスジャパン

シスコ技術者認定試験 公式ガイドブック Cisco CCENT/CCNA ICND1 100-101J

本書は、シスコ技術者認定のうち、CCENT/CCNAの認定を目指す人のための公式ガイドブックです。2013年に改訂されたICND1の試験内容に対応しています。新ICND1は、旧ICND1からトピックの削除と追加が行われています。ICND1の合格により、CCENT認定を受ければ、CCNA認定への最初のステップをクリアしたことになります。本書を携えつつCiscoプロフェッショナル認定試験突破に向けて大きな一歩を踏み出しましょう。

Amazon詳細ページへImpress詳細ページへ

 
ネットワークやデータベースなどのIT関係科目について、大学と専門学校で講師を務める。情報処理技術者試験やベンダー系の実技を伴うネットワークとセキュリティの受験指導、情報リテラシや情報工学の試験問題の作成など。技術士(情報工学)、情報処理技術者各種スペシャリスト、職業訓練指導員、CCAI Ciscoインストラクタ。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています